次世代Apple CarPlayは画面すべてのコントロールが行えるので、メーカー独自開発のコスト削減につながる

アップルというアメリカの小さな会社をご存じだろうか。どうやら技術的なことに長けているようで、その領域は、自動車メーカーが苦手とする分野であることは間違いない。そういえば、最近の自動車に乗って、内蔵のナビを最後に使ったのはいつだろう?

とにかく、そんな自動車メーカーも、もうすぐソフトウェア開発やインフォテインメントのことを全部忘れてしまうかもしれない。

上のティーザー画像を見てほしい。そう、あなたのスマホは、もうすぐあなたのクルマのすべてのスクリーンをコントロールできるようになるのだ。次世代CarPlayは文字盤のディスプレイを引き継ぎ、速度、回転数、燃料レベル、温度など、自動車メーカーが現在何時間も何億円も費やしているものをすべて表示できるようになるというわけ。

果たして、自社開発を完全に放棄するという、勇気のある企業はあるのでしょうか?しかし、よく考えてみれば、物理的なエンジニアリングに費やすお金が増えるかもしれないのだから、悪いことばかりではない。ただ、もし、あなたがiPhoneを持っていなかったら?ただ、1つはオプションの追加にすればいい。これで、解決。他に、コンフィギュレーターでチェックするためのチェックボックスは何かある?

Appleはまた、新しいCarPlayはあなたの車の内蔵ラジオや空調機能を制御することができることを発表した。ってことは、確かに自動車メーカーはちょうどダッシュボードにテレビを固定する良い場所を見つける必要があるだろうし、もうすでに作っているメーカーだってある。

ダッシュボードに天気や音楽などのウィジェットを追加する機能だけでなく、ダイヤルの無限の色や表示オプションで、それはあまりにも高度なカスタマイズができそうだ。

Appleはすでにさまざまな異なるメーカーで稼働できることを確認している (しかし、ここに挙げただけじゃない) 。ジャガー・ランドローバー、アウディ、ポルシェ、メルセデス・ベンツ、ボルボ、ポールスター、ルノー、フォード、日産、ホンダ…。まあ、そういった特定の車種が完全に統合できたと耳にするのは、来年後半まで待つ必要があるだろうけれど。

みなさん、どう思う?Android Autoは追随する必要があるのだろうか?

=海外の反応=
「メーカーは、あなたの車から100%信頼できて長持ちする機械的なシステムをひとつひとつ取り除き、コンピューター制御の電子的な代替品に置き換えるために懸命に働いている。5年目には交換が必要になったり、使えなくなったりするものだらけだ」
「iPhoneは素晴らしい。でも、ワイパー、ウインカー、ライト、空調は物理ボタンがいいな。最近、強風と大雨の中、暗闇の中で旅をしたとき、私は安全に道路から目を離すことができなかったので、タッチスクリーンを操作するために助手席に人を乗せなければならなかった」
「私たちに必要なのは、より少ない機能、より少ない画面、より少ない「情報」、そしてより適切なスイッチやノブだ。BMWやボルボ、その他いくつかのメーカーは、チャンネルを変えたり、温度を調節したり、フォグランプを点灯させたり、ファンの速度を調節したり、シートヒーターをオフにしたりと、道路から目を離さずにこれらのことを正しく行うことができたものだった。しかし、今はそうじゃない。タッチスクリーンは、危険であると同時にイライラさせるものだ。
ソフトウェア開発者の多くは、ビデオゲームで育ち、精神年齢が12歳のまま、運転免許すら持っていない人がほとんどだろう。私は、そんな人たちを未来のクルマに近づけたくない」
「ただのUIであり、Carplay(とそのうちAndroid Auto)をどこに実装するかは、自動車メーカーの裁量による。Appleはエコシステムを拡大し、有料サブスクリプションをさらに「手放せない」ものにしようとしているだけ。私はこの完全な機能は、月額料金制になることを100%確信している」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/06/50319/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ