SSCがフロリダで顧客のトゥアタラを使用し、475km/hの記録を達成

SSCのトゥアタラがフロリダで295mph(475km/h)の記録を出した。

SSCは、「ハイパーカー コレクター」であるラリー キャプリンが今月初め、フロリダ州LLFケネディ宇宙センターのジョニー ボーマー プルービング グラウンド(Johnny Bohmer Proving Grounds)を、自身のトゥアタラで走ったことを確認した。

カプリンは昨年の282.9mph(455.3km/h)の走行の裏にもいたが、それは双方向を走った平均であり、SSCはこの新しい走行が「最高速度295.0mph(475km/h)」であると述べている。

2020年10月、SSCは双方向平均316.11mph(508.73km/h)、vmaxは331mph(533km/h)だと主張したが、これは論争に巻き込まれた。GPSメーカーのDewetronは、スピードランに社員は誰も立ち会わず、いかなる結果も検証していないとし、シェルビーは後に「ビデオの正確さを公開前にダブルチェックしていなかった」ことを認めている。

「一見したところ、公開されたビデオには、編集者が(速度を表示する)データロガーを重ねた位置と、走行中の車の位置との間に違いがあるようだ」と、SSCは述べている。「その"同期ポイント "の違いにより、走行記録が異なっているのだ」ということだ。

SSCは、同社の「特別なレベルの透明性と検証手段」の結果として、5月14日に行われたこの時速295マイル(475km/h)での走行データは、RacelogicがデュアルVBOX GNSSシステムを車に搭載し、「追加データ取得」のためにLife Racing GPSユニットも一緒に記録したと述べている。Racelogicの技術者も「第三者のアナリスト」とともに走行に立ち会った。

ボスのジェロッド シェルビーもその場にいた。「トゥアタラが時速295マイル(475km/h)に達するまで出し続けた加速のすさまじさは、この車がまだ限界に達していないことを物語っている」と彼は言った。「すべてのデータと画像から、限界の要因は車ではなく、滑走路を使い果たしたことであることが明確になったんだ」なお、時速300マイル(483km/h)を達成した唯一のハイパーカーであるブガッティ シロン スーパースポーツには、まだ少し及ばない。

トゥアタラは、ツインターボV8エンジンを搭載し、E85またはメタノール燃料で1,750bhp、91オクタン燃料で1,350bhpを発生させることができる。カーボンファイバー製のモノコックに収められ、7速ギアボックスと組み合わせて後輪を駆動する。時速150マイル(241.4km/h)から295マイル(475km/h)まで、「フロント37%、リア63%の完璧なエアロダイナミクスバランスを維持する」という。

SSCは、すでに顧客と協力して「トゥアタラで高みに登っていくという目標を追求」しており、時速295マイル(475km/h)がハイパーカーに抱く野望の終わりではないとしている。昨年、トゥアタラの2つの新バリエーションが確認され、「リトルブラザー」と呼ばれる小型のハイパーカーも登場するとのニュースがあった。


=海外の反応=
「USAの長い道路をみつけて、頑張って欲しい。311が見たい」
↑「言うほど簡単じゃない。通常、あれだけ長くてまっすぐな公道は、かなり重要なものだ。ケーニグセグ アゲーラ RSでに走ったのは奇跡の境地だね」
↑「ケーニグセグにとって、アゲーラ RSの走行はCCR以来のトップスピードテストだったんだ。だから、彼らも実際には検証できていない数値を何年もかけて主張している。ジェスコ アブソルートのテストも、かなり待たされるのではないだろうか」
↑「正直、気になるのはスペックのレースだね。正直言って、スーパーカーで何人の人が320km/h以上出したり、たくさん走って実際の走行距離を伸ばしたりしているのだろうか。車は、投資としての性格が強くなってしまったのだ。本来、車は使って楽しむべきものであって、真空パックされた箱の中に閉じ込めておいて、後で価値を上げて売るようなものじゃないのに。私たちがそれに気づき、正気に戻るにはしばらく時間がかかりそうだ。だが、この車は世界最速の1つで、とてもクール」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/49749/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

トレンド

アーカイブ