【フェイクニュース】F1が新しい予選セッションで、日本のバラエティ番組「たけし城」方式を採用

トップギアの特派員であるコリー スポンデントが、モータースポーツ界から、独占フェイクニュースをお届けしている。

土曜日のセッションを盛り上げ、新たな視聴者を獲得しようと、F1は80年代の日本のゲーム番組『風雲!たけし城』をベースにした新しい予選形式を発表したことを、トップギアが独占的に明らかにした。

「Drive To Survive(ドライブ・トゥ・サヴァイブ)」が若者層の獲得に成功したことを受けて、F1のボスたちは従来のQ1、Q2、Q3という設定に代わって、巨大な膨らんだ球体や面白いほど痛い、コミカルで体を張ったチャレンジに挑戦する予定であるという。

「伝統的な予選では、燃料、タイミング、タイヤの複雑な計算が行われ、その後1周のヒーローチックなレースが行われる。1971年以降に生まれた人にとって、これは正直言って、見ていて少し退屈なものだ」と、本物のF1関係者は明かす。

「そうではなく、新しい視聴者が求めているのは、ペンキが詰められた銃を持った訓練された警備員に撃たれながら、渓谷をワイヤーで渡っていく、鳥のような格好をしたドライバーだ」と、彼は付け加えた。

このエキサイティングな新フォーマットでは、マックス フェルスタッペン、ルイス ハミルトンをはじめとするエリートドライバーたちが、チーズベリーヒル、ディノライド、マッシュルームトリップといったクラシックなコースで競い合うことになるという。

この新しい予選セッションが従来の観客を遠ざけるのではないかという懸念に対して、我々の関係者は次のように付け加えた。「従来のF1ファンに何が欲しいかと聞けば、『バイアスプライタイヤとヴァンウォールの復活が見たい』と言うだろうね。そして、おいしいココアも。しかし、Netflixのデータでは、新しいF1ファンは、プロのモータースポーツ選手たちが子供用の三輪車でレースをするのを本当に見たいのだということが明らかになっています」

どうでもいいけど、「たけし城(Takeshi Castle)」って、イギリスでも有名なんだと、そこに驚いた次第…。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/05/48694/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ