ジャガー XEとXFに300馬力のスポーティなバージョンが登場

ジャガーは、SUVのF-Paceに300スポーツと400スポーツを設定したのに続き、XEとXFにも2023年モデルとして300 スポーツ エディションを導入した。

ジャガーは4気筒インジニウム・ガソリンエンジンにこだわり、最高出力296bhp、最大トルク400Nmを発揮する。XEは0-100km/h加速5.9秒、XFサルーンとスポーツブレークはそれぞれ6.1秒と6.2秒を記録している。

最高速度は、両車とも249km/hで、アウトバーンを走るのに十分耐えうる安定した速度だ。

300 Sportsは全輪駆動で、グロスブラックのコントラストルーフ、プライバシーガラス、ジャガーのブラックパックがステルスっぽいルックを演出している。SEではダークサテングレー、XFではグロスシルバー、グロスブラック、またはオプションの20インチアルミを選択することができる。

マイルドハイブリッドディーゼルは、201bhpと430Nmを発揮し、後輪または全輪駆動のラインアップに追加された。48ボルト技術により、加速時にエンジンをアシストし、XEとXFで20.9km/L、後者で20.4km/Lという最も経済的な燃料消費を実現している。排出ガスも127g/kmと129g/kmで、XF Sportbrakeの重量が重くなるとこの数値は下がる。物理学的に、っていうのはわかるよね?

ラインアップの最後のエンジンは、247bhpの4気筒ガソリンエンジンだ。これはリア駆動のみで、0-100km/hはXEで6.7秒、XFでコンマ数秒遅くなる。

エンジンの改良はさておき、ジャガーはAmazon Alexaが全モデルに搭載され、大幅に改良されたPivi Proタッチスクリーンシステムで音声コントロールができるようになったことも強調している。Apple CarPlayとAndroid Autoも標準装備されている。

XE 300 Sportの価格は42,345ポンド(690万円)から、XF Saloon 300 Sportは5,000ポンド以上高い47,730ポンド(780万円)となっている。スポーツブレーキに相当するものにアップグレードすると、49,005ポンド(800万円)になる。

今となっては決して若くはないクルマだが、あなたはドイツの代替車よりXFの方が好きってことはない?

=海外の反応=
「3シリーズ、Cクラス、A4よりも、こんな1台が欲しい。V6がまだXEに登場していないのが残念。願わくば、FタイプのV6を搭載した最新のXE Sをまた出して欲しい。V6は、クルマに搭載されるV6のなかでも最高のサウンドのひとつだ。新型XEのインテリアも素晴らしい」
「大好き😍 BMW330eやメルセデスC300ハイブリッドより速い。これも、私のXF-Sと同じように経済的で、信頼できるクルマだよ」
「XEが出て以来、BMWはF30 3シリーズをフェイスリフトし、G20 3シリーズに移行し、それをフェイスリフトしようとしている。XEはもう8年も前のデザインなんだ。ジャガーの売り上げが低いのは当然だろう」
「もし私がビッグスリーから車を買うなら、ジャガーには目もくれない。だが、もし私がビッグ3以外の車を探しているとしたら、現在のところ私の好みはアルファ ロメオで、ボルボも有力な候補になる。ジャガーは、私の新車の好みのリストにはまったく入っていないし、ここ何年も入っていない。古いクルマというなら、ジャガーがなければ完璧じゃない。でも、新しいジャガーは?いらない」
「見た目は素晴らしいが、そろそろ直6が選択肢に入ってもいいような気がする」
↑「おっしゃる通り。でも、この2台の車に3Lの直6を搭載してほしい。「憧れの車」であることをアピールするために、新しいホイールオプションや、ボディを少し改良すれば、面白い車になりそう」
↑「直6が入らない、というのが理由だからだと思う」
↑「XFには、間違いなく収まる」
「若くはないだろうが、よく年をとった」

ピックアップ

アーカイブ