アストンマーティン ヴァルキリー AMR プロがバーレーンGPのデモ走行でV12の咆哮を響かせた

モータースポーツの中でも最も華やかなスポーツに、ちょっとした魅力を足す確実な方法のひとつは、シンプルなものだ。「アストンマーティン」と叫び、V12気筒のシリンダーで縦横無尽に走ってもらうのだ。

先週末、アストンマーティンはバーレーンGPに先立ってヴァルキリー AMR プロ(サーキット走行可能なハイパーカー)を発表し、その輝かしい2周の間、F1は再びV12エンジンがサーキットを鳴り響かせる黄金時代へと引き戻されたのである。ヴァルキリーは、コスワース製の6.5リッターV12エンジンを搭載しており、最高出力は1,000bhpに達する。

11,000rpmまで回転し…ヴァルキリーについて知っていることは、みなさんもすべて知っているはず。でも、どんな音がするのかはご存じないだろう。そこでアストンマーティンは、V12エンジンをフルに活用したサウンドを公開した。

大音量でお楽しみあれ。
ウィンサイドソーラージャパン

=海外の反応=
「ゴードン マレーのT.50ほどじゃない」
「アナタ、アタシを酔わせるつもり!?」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2022/03/46723/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ピックアップ

アーカイブ