ベントレー コンチネンタル GTが米国、英国、欧州で賞を受賞し、2022年も販売増からスタート

ベントレーのグランドツアラーであるコンチネンタルGTは、米国、英国、欧州という3つの主要マーケットで「カー・オブ・ザ・イヤー」や「ベストカー」など、重要な賞を獲得し、2022年をスタートさせた。

まず米国から。ロブ・レポートでは、コンチネンタルGTを2004年に米国で発表して以来、3度目の「カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。審査は、178名の読者とロブ・レポートの自動車編集部員で構成され、外観、性能、豪華さと快適さ、実用性、に加えて「ワウ・ファクター(驚くようなポイント)」や収集性などの無形のタイブレーカーという5つのカテゴリーで評価される。

カリフォルニア州ナパとフロリダ州ボカラトンで行われた2部構成のテストの結果、ベントレー コンチネンタルGT スピードが10台の頂点に立ち、カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。ロブ・レポートの審査員は、GTスピードの高い性能と高級感を高く評価し、「オリジナルから飛躍的に進化している」と評価。また、「この4輪操舵は世界でも類を見ない」、「この車は曲がるたびに、アクセルを踏むたびに喜びを与えてくれる」とも評された。

そして本社クルーのある英国では、コンチネンタルGT V8はWhat Car?によって賞賛され、2022年のカー・オブ・ザ・イヤー・アワードでベスト・ハイエンド・クーペ賞を受賞した。 What Car?は、「コンチネンタルGTのペース、甘美さ、存在感の組み合わせは、まさに比類なきものだ、これ以上デカダンな移動手段があるだろうか。」と総括している。

さらに欧州のドイツでは、コンチネンタルGTは、アウトモトール・ウント・シュポルトが長年開催している「ベストカー」賞のラグジュアリークラス部門で栄冠に輝いている。10万人以上の読者が12部門、386車種に投票し、最終結果を決定した。

3代目コンチネンタルGTは、数々の賞を受賞したベントレーの2ドアデザインとエンジニアリングの最高峰を象徴するモデルだ。力強い彫刻とシャープな輪郭を持ちながらエフォートレスでエレガントなコンチネンタルGTのデザインと素材は、真に息を呑むような車を生み出すために融合されている。

パワートレイン、世界で最も豊富なカラーパレット、ほぼ無限のインテリアオプションにより、ユニークなコンフィギュレーションは何十億ものバリエーションとなる。現在、コンチネンタルGTは560億通り(!)ものバリエーションが存在する。もはや「気に入らない」ということはありえない数だろう。さらにベントレーのオーダーメイド部門であるベントレーマリナーのサービスを利用すれば、イマジネーション次第でその可能性は無限大となる。コンチネンタルGTを所有することは、85,000人の家族の一員となると同時に、個性と特別感を保証するものなのだ。

ベントレーモーターズは、2021年の総販売台数が14,659台となり、過去最高を記録したことを発表したばかりだが、コンチネンタルGTは前年比約10%の増加を記録している。
【モンスターズマネー】

ピックアップ

アーカイブ