ブライアン・アダムスによる 2022 年版ピレリカレンダー「ON THE ROAD」が発表

1872 年に設立されたピレリは、1964 年以来、(ON THE ROAD を含めて)37 名のフォトグラファーが撮影した 48 作品のピレリカレンダーを発表している。このたび、コロナによる中断を経て、ブライアン・アダムスによる 2022 年版ピレリカレンダー「ON THE ROAD」を発表した。

LP レコードのスリップケースに収められているのはレコードではなく、2022 年版ピレリカレンダーだ。カレンダーの発表と同時に、ピレリ創立 150 周年を記念するロゴも発表された。ブライアン・アダムスは、ミュージシャンとして 20 年以上にわたり大いなる成功を収める一方で、写真家としても高い評価を得ています。「ON THE ROAD」では、ツアー中のアーティストの生活をテーマに撮影している。ブライアン・アダムスが、今回のカレンダーのために制作した同名の曲は、自身の次のアルバムに収録される。

カレンダーの撮影において、出演者であるミュージシャンたちは、開演前の緊張感、リハーサルが終わって開演を待つ間の休憩時間、都市を転々とするツアー生活、ホテルの部屋での孤独感など、ツアー生活における瞬間を再現している。これらはブライアン・アダムス自身がよく知る経験である。また、ピレリカレンダーの歴史上初めて、写真家が出演者の一員にもなっている。ブライアン・アダムスは、48 作目となる The Cal™に、年齢、音楽ジャンル、バックグラウンドの異なる 10 人の世界的なアーティストと共に参加。それらのアーティストは、シェール、グライムス、ジェニファー・ハドソン、ノーマニ、リタ・オラ、ボーハン・フェニックス、イギー・ポップ、スウィーティー、セイント・ヴィンセント、カリ・ウチス。写真は昨年の夏、ロサンゼルスのパレス・シアターとハリウッドのシャトー・マーモント・ホテルの 2 カ所と、カプリ島のホテル ラ スカリナテッラで、わずか 3 日間で撮影された。

ブライアン・アダムスは、アーティストたちの際立った特徴を捉えようとした。160 ページを超えるカレンダーには、70 枚を超えるポートレートや風景が収められている。カバーにも登場するセイント・ヴィンセントがホテルで目覚めた様子、プールサイドで休日を過ごすカリ・ウチス、チェックアウトするスウィーティー、バックステージでのシェール、さらには、サウンドチェック前のノーマニ、劇場に到着したジェニファー・ハドソン、バックカバーにも登場するイギー・ポップの開演前の様子、レコーディングスタジオでのグライムス、公演が終わりホテルに戻ったボーハン・フェニックス、ショー
を終えたリタ・オラなどが描かれている。

ブライアン・アダムスのコメント:
「数日間でツアー中の全てを収めることはとても難しかったので、いくつかの局面を捉えるようにしま
した。例えば、ミュージシャンたちはビルの正面を見ることはほとんど無く、裏口を見ることが多いこ
とや、ステージドア、バックステージ、ビルの地下、ステージドアから車のドア、ホテルのドア、列車
のドア、バスのドアなど、たくさんのドアを通ることなどです。つまりそれは、常に旅をしているとい
うことなのです」

ピレリ Executive Vice Chairman and CEO マルコ・トロンケッテイ・プロヴェーラのコメント:
「ブライアンとは長年の知り合いであり、音楽と旅を結びつけるという彼のアイデアは、パンデミックから徐々に日
常を取り戻しつつあるこの時に復活するピレリカレンダーにとって完璧だと思いました。今回の 2022 年版ピレリ
カレンダーは、我々にとって特に重要なものです。なぜなら、2022 年はピレリが創立 150 周年を記念する年だか
らです」

2022 年版ピレリカレンダーの撮影のバックステージ、撮影風景、発表会の様子、ストーリーや人物像などの特設サイト:
https://pirellicalendar.pirelli.com/en/home

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ