ルノー 4が60歳の誕生日に空飛ぶクルマになって、その後は…

いやいやいやいや。こんなことになるとは思ってもみなかったよね。ルノーが1年間かけて行ってきた、4の誕生60周年を祝うイベントは、これで最高潮に達した。これは、他に表現のしようがないほど、空飛ぶルノー4なんだ。

「全面的にカーボンファイバーで作られたこの車は、オリジナルの4Lと同じラインと質量を維持しながら、新たなダイナミックな能力を発揮すると言われています」

そうなんですね。しかし、ラインは同じでも、「剛性は完全に見直した」と約束されている。その理由は?「推力や揚力などの新しい概念を盛り込むために、何時間もの計算とテストが必要だったからです」

ルノー AIR4と名付けられたこの車は、アルセナーレの協力を得て製作された。主な統計データは、未知の領域に踏み込んだものだ。22,000mAhのリチウムポリマー電池で約90,000mAhの電力を供給し、4つのプロペラで95kgの推力を得て、合計380kgの重さになる。

最大離陸速度は毎秒14メートルだが、「安全上の理由」で毎秒4メートルに制限されており、空中での最高速度は毎秒26メートル(最高高度700メートル)、着陸速度は毎秒3メートルとなっている。ピーク時の傾斜角は70度。

まだ、ピンと来ない?じつは私たちと一緒で、とても困惑しているんだ。ルノーのマーケティング責任者であるアルノー ベローニは、「1年間のお祝いの後、4Lの60周年を締めくくるために、何か型破りなものを作りたいと思っていました」と語った。「今回のアルセナーレとのコラボレーションは自然な流れでした。空飛ぶショーカーのAIR4は、これまでに見たことのないものであり、このアイコンの60年後の姿を示唆しています」

そして、何より魅力的なウィンク。しかし、私たちは60年も待つ必要はない。電気自動車に生まれ変わり、より地上に近いバージョンが間もなく登場する。電気自動車に生まれ変わった暁には、頭の中に入りやすい数字になっていることだろう。

=海外の反応=
「ルノーは、このように奇妙な未来的ビジョンのコンセプトがある。私が3歳くらいのときに行ったディズニーランドで唯一覚えているのは、ルノーのスペースシップ・コンセプトだった。それを見てすっかり魅了されてしまったのだが、これがきっかけで私はガソリンマニアになったのかもしれない」
「タイトルどおりだね」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS