デロリアン DMC-12が5.3リッターV8ツインターボにワイドボディとなって2021年に蘇った

これは、ビビった!デロリアンを改造してツインターボV8のワイドボディのスポーツカーを作った人がいるという。サルベージ トゥ サベージ(S2S)の特別なSEMAショーカー、そして1985年に我々が約束した未来へようこそ。

S2Sの製作リーダーであるティム モセリが中心となって、大破したDMCを丸裸にしてしまった。そこから、いろいろなことが行われていく。その過程で、いいこと、素敵なことがたくさんあった。

まず、DMCのV6は廃止され、5.3リッターLS3 V8に2つのターボチャージャーを装着して、1000bhpに近い出力を目指したという。映画で出てきた140km/hでタイムマシンになるなんてジョーク、若い人はもう知らないよね。これに996世代のポルシェ911のギアボックスを組み合わせることで、最高出力を実現している。

ドライブトレイン全体は後部にぴったりと収まっているが、実際にはターボが車両の下にぶら下がっている状態だ。改造されたデロリアンは、生涯にわたってスピードハンプに遭遇することなんてないだろうと思われるから、これでいいんだ。

デロリアンの音の小ささは有名だが、この車は完全に防音されており、特注の配線も新しいものになっている。ボディの外観は、専門のレンダラーであるキジル サレーム(Khyzyl Saleem)氏(みんなが本当に欲しかったポールスター 1のワンオフコンセプトをデザインした人)がデザインしたものだ。フレアアーチはMDFフォームの型を使ってグラスファイバーで作られており、適切な姿勢を保つためにはワイドな3ピースホイールが必要だ。

他にも、まだまだ。フェラーリ F40にインスパイアされたリアデッキリッド、驚異的なフロント&リアライト、スポーツシートや多くのアルミニウム製ディテール、優れたリトリムで完全にアップグレードされたインテリアなどがある。

ティムは、デロリアンの80年代のスタイリングを「ワンランク上のものにする」ことを目標にしていた。その結果は、見事なものだったと言えるだろう。


=海外の反応=
「これがスピードバンプに接触したらと思うとゾッとするよね。もし、サイドスカートの形状がもっとシンプルで、もう少し高さがあれば、とてもかっこいいと思う」
「巨大なアーチ(🤮)、ローダウンを除けば、ほとんどの改造に賛成できる。本当にクールな車だったのが台無しだ」
「その代わりに、スナップバックを身に着け、スキニージーンズを履いたヒップスターがVWゴルフを「スラム化」させたような印象を与えている」
「ターボを装着すると大幅なラグが発生するけど、見た目はカッコいい」

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Top Gear JAPAN トップギア・ジャパン 046
価格:1500円(税込、送料無料) (2021/12/6時点)


アーカイブ

subscribe RSS