007/ノー・タイム・トゥ・ダイを観てEVのボンドカーが欲しくなっちゃった人に1.1億円のアストンマーティン DB6はいかが?

正確に言うと、ボンドのアストンではないけど、非常にゴージャスな話題なので注目してほしい。それはフルレストアされたアストンマーティン DB6であり、夢と、驚いた見物人からの潜在的な質問と、かなりの量の電気で満たされている。

その通り、アストンの由緒ある4.0リッター6気筒エンジンは、イギリスのエンジニアリング企業であるルナズ(Lunaz)が独自に開発した「モジュラー・エレクトリック・パワートレイン」に取って代わられ、ユーロのバッテリーセルとモーターを使用している。このルナズ社は、デビッド ベッカム氏から出資を受けており、ベントレー S1を製作した会社である。

DB6は、「クールなブリティッシュクラシックを電動化する」というルナズの願いを実現したもので、これまでにベントレー、荘厳なロールス・ロイス ファントムV、そして今回のDB6がある。2015年には、ラフェラーリ、918、P1という "聖なる三位一体"が実現した。2021年には、電動化されたクラシックカーが登場する。まさに時代の流れだね。

ルナズが行うすべての作業と同様に、DB6は検査、計量、測定された後、エンジンと関連備品が「慎重に」取り外され、保管される。車全体が3Dスキャンされた後、ベースメタルの下地を取り除き、「クライアントのイメージ通り」に再構築されていくという算段だ。

もちろん、電気自動車であるというのが大前提なのだが。DB6のパワートレインは、「グランドツアラーとして作られたクラシックカーの要件を満たす、活発な初期加速」を可能にするよう、ルナズによって特別にプログラムされています。航続距離は約410kmで、これはおそらく多くのDB6が1年で走行する距離よりも長いだろう。

当然のことながら、ブレーキ、サスペンション、ステアリングはすべて「アップグレード」されており、エアコン、無線LAN、衛星ナビ、最新のインフォテインメント・オプションも装備されている。ルナズのデザインディレクターであるジェン ホロウェイは次のように述べている。「新世代のためにリマスターされた英国GTの真髄を紹介できることを誇りに思います」

彼女はかつてアストンマーティンのQ部門でリーダーとして働いていたこともあり、カスタマイズにおいてはスター級の血統を持っている。伝統的なものから現代的なものまで、リサイクルされたテキスタイルなども含めて、さまざまなものを作ることができる。依頼すれば、オイルスリックや防弾フロントガラスも可能だが、ヘッドライトに搭載されたミニガンは期待できないかな…。

そういえば、ルナズはこのDB6を約100万ドル(1.1億円)と地方税を追加して製造するつもりだが(納車は2023年を予定)、申請があれば厳密にはアストンマーティン DB4やアストンマーティン DB5も電動化することを確認している。『ゴールドフィンガー』で007が言ったように、「ショッキング、いい意味でショッキングだよ」である。

=海外の反応=
「あの時代のアストンマーチンの実物にこんなことをするのは、違法ではないだろうか。それらの車は、英国の自動車産業が最も優れていた時代の貴重な部品だ。その寿命と価値は、英国の自動車史におけるその重要性を明確に示している。それらを「改造」することは、かなりの確率で車の2/3を破壊することになる。通常、このようなことは迷惑で悲しいことだと思っている。これは恐ろしいことで、違法にすべきだ」
↑「申し訳ないけど、これは顧客の注文によるもので、何も壊していない。完璧な状態のDB6はまだたくさんあるだろうし、この車のオリジナルの部品は決して壊されることなく、慎重に取り出されて保管されているじゃん。このような部品は他の多くのDB6にも使用できると思うし、納屋で見つけられるかもしれない。また、この車が解体されている間、部品はスキャンされていたので、実際にイギリスの自動車の歴史を記録していることになる。決してすべてのクラシックカーが改造されるわけじゃない。私たち人間が生きている限り、保存されたり復元されたりする例はまだあるだろう」
「このDB6のようなクラシックカーは、EVに改造するととてもかっこよくなる」

アーカイブ

subscribe RSS