【マジか】ホンダ インテグラ復活で、UKでも「トヨタ GR 86のライバル期待」

アメリカのモントレー・カー・ウィークでは、たくさんのビッグニュースが発表されている。しかし、もしあなたが3億円のハイパーカーに満足しているの人であれば、現実の世界に住む私たちにだって、素晴らしいニュースがあるんだ:インテグラが復活するのだ。

それはアキュラのインテグラのことで、ホンダの現在の英国でのラインナップは、魅力的なシビック タイプ Rを除いて、小型のハイブリッド車やEVに集中していることを考えると、日本でホンダのインテグラが見られることには、まだ賭けられない段階だろう。

しかし、それにしてもエキサイティングなニュースであることに変わりはない。アキュラの副社長であるジョン イケダは、「インテグラが、オリジナルと同じファン・トゥ・ドライブの精神とDNAを持って、アキュラのラインアップに戻ってくると言えることを嬉しく思います」と述べた。

これで終わりなんだけどね。インテグラの「2022年導入」が近づくにつれ、さらなる情報が私たちにも伝えられるだろうが、フロントドライブのトヨタ GR 86のライバルとしての期待感は、俄然高まる。また、「90年代のクーペ・ネームプレート・カムバック」の時期でもあるけれど、フォード プーマが教えてくれたことは、現実と夢は必ずしも一致しないということでもあった。

しかし、見てみましょう。1986年にウェッジの効いた小さなポップアップヘッドランプ付きクーペで登場したインテグラの名前が本格的に注目を集めたのは、1997年に発売されたインテグラ タイプ R(上のギャラリーに掲載)だった。3代目は英国での正式な販売を拒否され、2006年に生産を終了した。あれから15年、次はどうなるのか…。

=海外の反応=
「値段が高くても圧倒的な作品になることに賭ける?」
↑「物足りない?インテグラ タイプ Rは、このクラスのすべてのクルマを圧倒し、サーキットではスバル STIのようなクルマを圧倒していた。インテグラの価格が高騰しているのには理由があること…」
「初代インテグラには、セダンとリフトバックがあった。スパイダーアイと呼ばれる人気の高いインテグラは、3代目だった」
「あのコンセプト写真だけでは、前のTC2やTC5のインデグラのように軽くならないとは思えない。もしFFだったら、神よ、どうかホンダを助けてください。僕はトヨタのファンではないが、GR86はスローなNAファンのスポーツカーとしては最高の選択だと思う」
「現行のシビックタイプRの部品を多く採用することになるのだろうが…。ヘッドライトは、"スパイダーアイズ "インテグラをイメージしたものにしたいと思いません?そうなれば最高だよね。でもね、こういうことをやってくれるというのは、単純に嬉しいことなんだ」
「忘れよう。今のホンダはアメリカ一色だよ😞」

アーカイブ

subscribe RSS