マセラティの新型MC20へとつながるティーポ 61の勝利

5月28日、マセラティは重要な記念日を迎えた。ちょうど60年前、ティーポ61が、ドイツ ニュルブルクリンク ノルドシュライフェで開催された偉大なる耐久レース ニュルブルクリンク1000kmレースの第7回大会で見事な勝利を収めたのだ。

マステン・グレゴリーとロイド・カスナーが駆ったマセラティ ティーポ61は、スターリング・モスとダン・ガーニーがステアリングを握った1960年の優勝からわずか1年で連覇を達成し、記念すべき2冠を達成した。

かつてこの勝利を記念して、2000年代初頭に一世を風靡したこのスーパーカー マセラティ MC12 ストラダーレのイメージカラーであるホワイトとブルーの塗装にカスタマイズされたマシンが登場しているが、このレーシングDNAは今、新型MC20に引き継がれ、マセラティはモータースポーツ界への復帰準備を進めている。

ティーポ61は、ジュリオ・アルフィエリが設計した5つのモデルシリーズの中で最もよく知られており、約200本のチューブを組み合わせた複雑な構造のシャシーが鳥かごに似ていることから、「バードケージ」の愛称で親しまれていた。この構造は、当時の他のレーシングカーよりも軽量でありながら、より剛性の高いシャシーを実現しており、この2シーターバルケッタは、フロントエンジン・後輪駆動モデルとして究極かつ最良のレーシングカーであった。

マセラティは、1959年3月にティーポ60の製造を開始、同年11月にはすでに、ル・マン24時間レースに出場するための技術的なレギュレーションに準拠したティーポ61を製造した。4気筒エンジンの排気量は2,900ccに変更され、出力は250ps/7,000rpmへと引き上げられが、それ以外のコンポーネンツは、ティーポ 60で採用したレイアウトやソリューションを踏襲している。さらに、車重は570kgから600kgに、最高速度は270km/hから285km/hと変更された。大出力にもかかわらず、燃料効率が非常に高かったため、耐久レースでは給油回数を減らすことができ、ニュルブルクリンクでの勝利に貢献できた。1959年から1961年までのわずか3年間で、ティーポ60とティーポ61は国際的なレースシーンの頂点に君臨し、パワーとスピードで驚異的な勝利を重ね、マセラティの勝利の伝統を引き継いだのである。

Tipo 60/ Tipo 61
エンジン:直列4気筒
排気量 1,990cc~2,890cc
最高出力 200~250馬力
ギアボックス 機械式5速+リバース
シャシー:バードケージ
重量: 570 kg - 600 kg
トップスピード: 270 km/h - 285 km/h

アーカイブ

subscribe RSS