AMGのセレナイト・グレー・マグノ塗装からヒントを得たIWCのクロノグラフ

「セレナイト・グレー・マグノ?」と、ひと目見て気づくAMGファンもいるかもしれない。IWCシャフハウゼンとメルセデスAMGが、パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・エディション「AMG」を発表した。価格は1,281,500円で、オンラインブティックでも購入が可能だ。このタイムピースは、スイスの高級時計メーカーとドイツの自動車メーカーが2004年以来結んできたパートナーシップを記念する、最新のコレクション。この初のチタン製IWCパイロット・ウォッチ・クロノグラフは、IWC自社製ムーブメント、キャリバー69385によって駆動し、カーボン・ファイバーの文字盤を備えている。このIWCの新しいエディションは、IWCのCEOであるクリストフ・グランジェ・ヘア、メルセデスAMGのCEOであるフィリップ・シーマー、そして共通のブランド・アンバサダー兼レーシング・ドライバーのマロ・エンゲルがトークするウェブ放送の中で披露された。

1868年、フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズは、伝統的なクラフトマンシップと先進の産業テクノロジーとを組み合わせることで、スイスの時計製造を刷新した。1967年、ドイツのグロースアスパッハにおいて、ハンス・ヴェルナー・アウフレヒトとエアハルト・メルヒャーは、最先端レーシング・テクノロジーを公道仕様の量産車に採用するという先見の明に富んだコンセプトとともにAMGを設立した。
「IWCシャフハウゼンとメルセデスAMGは、どちらも性能とデザイン、そして非常に小さな細部にいたるまでの優れた設計への情熱を共有しています。過去17年間にわたるパートナーシップの間、IWCとAMGはモータースポーツにとどまらず爽快な瞬間を分かちあい、それぞれの顧客のために長く記憶に残るものをつくってきました。そして今や、メルセデスAMGを当社のパイロット・ウォッチ・コレクションの永続的な特徴に組み込むことができ、うれしく思っております。その手始めとなるのが、このパイロット・ウォッチ・クロノグラフ・エディション『AMG』です」と、IWCシャフハウゼンのCEO、クリストフ・グランジェ・ヘアは語る。

「メルセデスAMGとIWCのパートナーシップには、成功する長 期的コラボレーションに必要な要素がすべて備わっています。これほど多くの関心事と価値観が共通する会社や人々にめぐり合えたというのは、とても珍しいことです。2004年以来、私たちは、最高水準のクラフトマンシップへの努力と、エモーショナルな製品体験の追求によって結びついてきました。パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・エディション『AMG』は、改めて私たちの強力なパートナーシップを際立たせてくれます」と、メルセデスAMGのCEO、フィリップ・シーマーは言う。

自動車工学と同じ材料を用いてつくられたパイロット・ウォッチ・クロノグラフ・エディション「AMG」(Ref.IW377903)は、自社製キャリバー69385を搭載したIWC初の43mmパイロット・ウォッチ・クロノグラフであり、同時に、傷つきにくい超軽量チタン製ケースを備えた初のパイロット・クロノグラフでもある。グレード5のチタン仕上げとすることで、マット・グレーの外観となっているが、これはAMGを代表するセレナイト・グレー・マグノ塗装仕上げにヒントを得ている。文字盤に備わる精密に編み込まれたカーボン・ファイバーは、AMGのエアロコンポーネントから直接採用されたものだ。こうした部品は、熱と圧力を加える複雑な工程を経て製造され、驚くべき軽さと剛性によって定評がある。原料となる連続カーボン・ファイバーは、製織機によって織物構造となるように加工され、最終製品は特徴的な織り目のある「カーボン・ルック」となる。ブラックのカーボンの文字盤は、モータースポーツ計器を思わせるシルバーのクロノグラフ・サブダイアルと完璧なコントラストを形づくる。

このオールラウンドな性能を発揮するウォッチは、最長12時間のストップウオッチの計測が可能な丈夫で精密なクロノグラフ・ムーブメント、IWC自社製キャリバー69385を搭載している。クロノグラフ機能を制御するのは、2層で機能する複雑なコラムホイールだ。着色サファイアクリスタル製ケースバックには、メルセデスAMGのロゴがあしらわれている。この時計には、コントラスト・ステッチとフォールディング・バックルがついたブラックのエンボス加工のカーフスキン・ストラップが組み合わされる。

https://www.iwc.com/ja/home.html

アーカイブ

subscribe RSS