サビーネ シュミッツのレーシングチームがニュルでワンツーフィニッシュ

ニュルブルクリンクから心温まるニュースが届いた。サビーネ シュミッツとパートナーのクラウス アッベレンのフリカデリ レーシングチームが、6月の24時間レースに向けた最終リハーサルレースでワンツーフィニッシュを達成したのだ。

フリカデリは、8台のポルシェ911 GT3 Rのうち2台を走らせている。このN24は、コロナの影響で2020年に延期された後、従来のカレンダーに戻ってきた。

優勝したマシンに乗った4人のドライバーの一人であるフレッド マコヴィッキィは、「チームにとって素晴らしい結果であり、24時間レースに向けて素晴らしい準備ができました」と語った。「しかし、今回のレースでは、暖かいコンディションですべてのタイヤコンパウンドを試すことができたのが初めてだったので、これからたくさんの分析をしていかなければなりません。また、ライバルたちが非常に接近してきたので、彼らから目を離さないようにしなければなりません。これは面白い戦いになるでしょう」

みなさんの期待どおり、チームには耐久レースで活躍する人材が揃っている。先週末のニュルブルクリンク長距離選手権(VLN)6時間レースで2位を獲得したマシンに乗る4人のドライバーの中には、イギリス人のニック タンディも含まれていた。

フリカデリ レーシングのツイートには、「この忘れられない結果をもたらしてくれたチーム全員に感謝します」とある。「この勝利はあなたに、サビーネ!」

=海外の反応=
「おめでとう、フリカデリ レーシング! 本番に向けて頑張れ!」
「イエーイ」

アーカイブ

subscribe RSS