開発に6年をかけた新素材チタン合金を使用 ゴールドにマルチカラーのG-SHOCK

ゴールドの時計を探していたところ、カシオのG-SHOCKがマルチカラーを入れた新製品をぶっこんできた。スクエア型のフルメタル「5000」シリーズに“G-SHOCK”のために開発された新素材のチタン合金を採用した「GMW-B5000TR-9JR」だ。4月23日発売で、価格は192,500円。

GMW-B5000TR-9JRは、日本製鉄株式会社のデザイニングチタンブラン「TranTixxii®(トランティクシー)」のチタン合金を外装部分に採用している。“G-SHOCK”のさらなる素材の進化を追い求め、カシオと日本製鉄が6年の歳月をかけ共同開発を行い、新しいチタン合金が誕生した。軽量で耐食性が高く、低アレルギー性といったチタンの特性はそのままに、純チタンの約2倍の硬度を確保している。これにより、これまで鏡面加工が難しかったチタン素材で、ステンレス素材と同等の仕上げを施すことが可能になり、“G-SHOCK”のチタンモデルでは初めてベゼルとバンドに天面フルミラー仕上げを実現させた。

この新素材におけるステンレス同等の鏡面性により、IP(イオンプレーティング)の美しさを引き出す新たな表現が可能となり、メタルモデルでは初のマルチカラーIPを採用。ケースにはゴールドIP、バンドとボタンには新しく開発したダークブルーのほか、レッド・ライトグレー・ダークグレー・ゴールドとパーツごとにマルチカラーのIPをカラフルに施すことで、メタルモデルでありながらも“G-SHOCK”らしい遊び心あふれるデザインとなっている。さらに文字板にもマルチカラーをあしらい、ポップな印象も感じられる。

機能面では、スマートフォンリンク機能を搭載し、自動時刻修正やワールドタイムなどの各種設定を簡単に行うことができる。また、カシオ独自のソーラー充電システム「タフソーラー」や「マルチバンド6」、高輝度なフルオートLEDバックライトなどの実用性も備えた。これはなかなか話題を呼びそうだ。

https://g-shock.jp

アーカイブ

subscribe RSS