ホンダのクロスオーバー、新型ヴェゼルがヨーロッパに来るのはまだまだ先のハナシ

ヨーロッパのみんなは、日産キャシュカイの話題でもちきりだけど、ホンダの新しいクロスオーバーも発表されたんだよ。代わりにどう?新しい日産キャシュカイがイマイチ気に入らん、という場合は、サイズのためにこれを試してみてください。これはホンダの新しいヴェゼルだ。前置きしとくけど、このクルマは、日本で「ヴェゼル」と呼ばれていて、ヨーロッパだと「HR-V」なんだよね。この第3世代のキャシュカイのライバルは、2022年までにその「主流」モデルのすべてを電動化するというメーカーのコミットメントの一環として、ヨーロッパではハイブリッドのみの販売を予定している。

見た目もすっきりしていると思わない?旧型ヴェゼル(てか、今だとむしろ新型日産)よりもずっとシンプルですっきりしたデザイン。要チェックだ。

まあ、でも、記事を書いていてなんだけど、詳細はまだ不明のままなんだ。その理由は、おそらく今年末までヨーロッパには上陸しないだろうから。だから我々は正確には、欧州版にどのようなエンジンが載るかを知らない (フィットは1.5リッターのガソリンハイブリッドを使用しており、CR-Vは2.0リッター。ヴェゼルはどちらかの可能性がある)、また、それがどのくらいの大きさやコストがかかるのか正確にはわからない。日本では、1.5L DOHC i-VTEC+CVT搭載のガソリンモデルのほか、モーター走行を中心にさまざまなドライブシステムを使い分けるHondaの2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載したハイブリッドモデルが選べるそうだ。

しかし、ホンダは、新しいヴェゼルが「クラスをリードする室内空間」を持っていると約束し、植木なんかの背の高い荷物をカンタンに運ぶためにシートを反転させられるような、巧妙な「マジックシートアレンジ」をキープ。

この新型車では、室温コントロールに、物理ボタンも残されているように見える - めっちゃ賛成なのだが、ホンダはこれまでのところ、タッチスクリーンにこれらを統合する誘惑に抵抗している -「乗客の横と上側に新鮮な空気のカーテン」を作ることを目的とした新設計のエアコン吹き出し口「そよ風アウトレット」を作ったそう。

これ、どうよ?

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール