雫石の工房近くの白樺林を想起させるグランドセイコーの新型ヘリテージ コレクション シリーズ9

グランドセイコーの新たなデザインシリーズ「Series 9」から、次世代メカニカルムーブメント、キャリバー 9SA5 を搭載したレギュラーモデルを3月6日(土)より発売する。価格は、1,045,000円。

外装は、1967年に44GSで確立したデザイン文法を継承しながら、美しく光を流す造形を基本としつつ、「光と陰の間」に美を見出す日本の感性を取り込み、本質的な視認性や装着性を一層進化させることを目指したデザインだ。
ザラツ研磨による歪みのない鏡面と繊細な筋目で仕上げられたケース、そしてダイヤル
は、深く溝を入れた存在感のあるインデックスと、力強い対比によって識別性を高めた立体的な時分針が組み合わさることで、視認性の更なる向上を実現している。また、ホールド感を高めたブレスレットや、重心を低く抑えながら腕なじみ良く設計されたケースによって装着性が向上しているので、手放せない一本となりそうだ。
グランドセイコーのデザイン文法を正統進化させた本デザインシリーズは「Series 9(シリーズナイン)」の名称で今後も継続展開していく。

本モデルには、2020年に誕生したグランドセイコー専用のメカニカルハイビートムーブメント「キャリバー 9SA5」が搭載されている。この次世代ムーブメントは、デュアルインパルス脱進機(高効率な脱進機)やツインバレル(二つの動力ぜんまい)を採用することにより、毎時36,000振動のハイビートでありながら最大巻上時には約80時間駆動を達成するとともに、独自の水平輪列構造によって薄型化を実現している。
キャリバー9SA5は、雄大な岩手山を望む「グランドセイコースタジオ 雫石」という豊かな自然に育まれた工房で、経験豊富な匠の技によって生み出されている。その近くには、日本有数の白樺の群生地域がある。本作では、この壮麗な白樺林をダイナミックな型打模様と繊細なカラーリングを施したダイヤルで表現している。
裏ぶたから覗くムーブメントにも、雫石の自然から着想を得た仕上げを施しました。繊細なストライプ模様をあしらった「雫石川仕上げ」は、季節の変化に富んだ雄大な雫石川の流れを想起させる。まさにグランドセイコーのブランドフィロソフィー「THE NATURE OF TIME」を体現したモデルだといえよう。

グランドセイコーは、1960年に誕生し、最高峰の腕時計を目指してきたブランドだ。2010年から本格的なグローバル展開を開始し、世界でも数少ない真のマニュファクチュールにしか成し得ない最高レベルの性能と洗練されたデザインで、世界中で高い評価を得ている。現在発売中のトップギア・ジャパン041号では、UKがリスペクトする日本のウォッチメーカーの特集もあるので、そちらもぜひ。

http://www.grand-seiko.com/jp-ja/special/whitebirch/slgh005

アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール