70年代のディスコカルチャーにインスパイアされたリシャール・ミルの新作

プリズムのように多彩で贅沢な光、色とりどりのカラーストーン。2年前に発表されたブラックとホワイトの色調をもつRM 71-01に続き、最新作コレクション「RM 71-02 オートマティック トゥールビヨン タリスマン」がリシャール・ミルの世界を華やかに彩る。70年代のエッセンスを称えた10種類のモデルをそれぞれ7本限定エディションで発表する。予価は、60,000,000円 (税別)。
クラブカルチャーが流行し、エレクトロ音楽やディスコ音楽が生まれたこの10年間には、日が沈んでから豪華な装いをまとう夜の都会人が誕生した。リシャール・ミルのクリエイティブ&開発ディレクターを務めるセシル・ゲナが再解釈したのは、ディスコ時代に隆盛を極めた自分を主張するスタイルだ。
彼女はさまざまな面をもつ1970年代の文化を融合させることにより、光・音・色の効果を表現した。当時のヒット曲の今にも踊りだしたくなるようなリズムやスタジオ54の劇場の装飾、そしてラメやラインストーン、スパンコールの煌めく光を組み合わせたファッション。10人の女性にインスパイアされた10本の時計が、それぞれ独自の力強さと美しさをはっきりと示している。
リシャール・ミルにおいて過去に例を見ないほど鮮やかな色使いとストーンが組み合わされ、ツァボライト、華やかなスぺサルタイト、アメジスト、ダイヤモンド、スピネル、ルビー、そしてサファイヤが魅惑の錬金術を織り成す。
このクラフツマンシップの傑作には、求めていた効果を確実に得るためのストーンの配置が承認されるまでに6か月以上もの時間が費やされた。「ディスコ全盛期の強烈な魅力は、豊富な色彩やテクスチャーで表現されます」とセシル・ゲナは説明している。「このアイディアを具現化する方法を見つけなければなりませんでした。とても苦労したのがストーンそのものの取り扱いです。ストーンの色合いが近くても、サイズやセッティング方法によって見え方が全く異なってしまうからです」
10種類のモデルはそれぞれストーンの配置、セッティングのモチーフ、エングレービング、厚さ0.90mmのダイヤルの中央装飾が異なる一方で、共通してキャリバーCRMT1が搭載されている。RM 71-01 オートマティック トゥールビヨン タリスマン コレクションの一部として2018年に初めて発表されたCRMT1は、リシャール・ミルでは8作目となる自社製ムーブメントだが、開発に1,000時間も費やされた初の自動巻トゥールビヨンキャリバーでもある。こうして、厚さわずか6.2mm、重さはわずか8gのムーブメントの中心部にトゥールビヨン機構が組み込まるという真の技術的偉業となった。
RM 71-02 オートマティック トゥールビヨン タリスマンは、カルチャーシーンにおける普遍的な遺産となったこの時代の精神にスポットを当てつつ、あらゆるパーツから魅惑的なエネルギーを強く放つコレクションだ。
https://www.richardmille.com/ja




アーカイブ

subscribe RSS

マウスコンピューター期間限定セール