新車ニュースASTON MARTIN

アストンマーティン プロジェクト 003 2021年後半納車を目指す

アストンマーティン プロジェクト 003

アストンマーティン プロジェクト 003

自社製造のターボチャージャーV6 ハイブリッド・エンジンを搭載

ミッドエンジン・ハイパーカーの開発を続けるアストンマーティンは、ジュネーブモーターショーで、プロジェクト 003 と呼ばれる、ヴァルキリーおよびヴァルキリー AMR プロに続く第 3 のモデルを発表する。プロジェクト 003 には、F1 マシンや、画期的なヴァルキリーに採用されているコンセプトとテクノロジーが直接フィードバックされているが、公道走行が可能となっている。

アストンマーティン プロジェクト 003 アストンマーティン プロジェクト 003

プロジェクト 003 は、公道走行のために一定の譲歩は強いられているものの、エンジニアリング・コンセプトに関しては一切の妥協を排して開発されている。最先端の F1 テクノロジーを惜しみなく投入したこのモデルは、数量限定で生産され、他のハイパーカーとは一線を画すデザインを採用している。アストンマーティン・デザイン・ディレクターのマイルス・ナーンバーガーは、「プロジェクト 003 は、アストンマーティン ヴァルキリー の影響を強く受けていますが、まったく独自のクルマです。私たちは、プロジェクト 003 で、アストンマーティンの血統を正統に受け継ぐために熟考を重ね、同時に ヴァルキリー のエッセンスをさらに色濃く抽出することに力を注ぎました。デザインは、一部のエリアではそれほど過激なものではありませんが、基本的には革新的なデザインを追求して、いくつかのアイデアやコンセプトをさらに進化させています。私たちは、アストンマーティン ヴァルキリー の開発でエイドリアン・ニューウェイと一緒に作業を行ったことで大きな影響を受けました。このクルマには、すべてのアプローチにその姿勢が反映されています」とコメントしている。

アストンマーティン プロジェクト 003 アストンマーティン プロジェクト 003

基本的なスタイリングとエアロダイナミクスをアストンマーティン ヴァルキリー と共有したプロジェクト 003 は、特徴的なフロントエプロンと大型のリア・ディフューザーを備え、フロア下を流れるエアから強力なダウンフォースを生み出す。さらに、プロジェクト 003 は、次世代航空機のモーフィング・テクノロジー(翼全体を滑らかに変形させながら飛行する技術)を応用している。FlexFoil™と呼ばれるこの技術は、広範囲に及ぶ性能および音響飛行試験を通じてNASA によって検証されており、アストンマーティンは、この最先端の航空宇宙技術を自動車業界で初めて採用するメーカーとなる。このシステムは、エレメント全体の物理的な角度を変えずにクルマのダウンフォースを変化させることを可能にし、ハイパフォーマンス、効率の向上、そして風切り音の少ないシームレスなデザインを実現している。現代における最先端のアクティブ・ウイング・デザインに見られる乱流や、それに伴う空気抵抗の増加も事実上排除されている。生産デザインでは、従来のリアウイングよりもさらに大きな前端および後端の“たわみ”が可能になり、車両の走行条件の変化に対してリアルタイムで反応するために、作動レートも大幅に引き上げられている。

車両上部の全体的な形状は、空力的な観点から、ヴァルキリー と良く似ているが、新しいフロントおよびリアランプの形状によって、独自のスタイルを生み出している。ランプのグラフィックは独自のデザインを採用しているが、その内部は、非常に軽量なアストンマーティン ヴァルキリーの構造を流用している。そのため、4 つのランプを合計した重量は、DB11 のヘッドランプ 1 つ分よりも軽量だ。

アストンマーティン プロジェクト 003 アストンマーティン プロジェクト 003

アストンマーティン ヴァルキリー とプロジェクト 003 の最大の違いの 1 つは、コックピットの大きさである。その理由は、利便性と快適性を向上させるというデザイン・コンセプトが採用されたことによるものだ。そのため、プロジェクト 003 は前方へ開く LMP1 スタイルのドアを備えた。ルーフ・セクションもドアと一緒に移動するため、乗り降りが容易になっている。運転席と助手席の間隔を広げるために、センターコンソールの幅が拡げられ、ラゲッジスペースはシート後方のフロアからアクセスすることができる。財布や携帯電話といった小物を収納するためのスペースも設けられていて、使い勝手の良さも追求されている。コックピット自体は、視覚的な複雑さを排除して、運転に集中できるユニークかつ刺激的でダイナミックな環境を創出する、大胆で新しいデザインと素材を採用している。“アペックス・エルゴノミクス”と呼ばれるこのコックピットは、ドライバーの背中、ステアリングホイールとペダル類の中心が、完全に整列しているものだ。四角いステアリングコラムに取り付けられたディスプレイは、ステアリングホイールのリムによって遮られることのない非常に優れた視認性になっている。インフォテインメントシステムは、最高の効率、機能性、シンプルさと柔軟性を実現するために、手持ちのスマートフォンを利用する“Bring-Your-Own Technology(BYOT)”が採用されている。“アペックス・エルゴノミクス”の視覚的な特徴は、コックピットの下部セクションと、大きな曲面を描くフロントウィンドウを擁する上部セクションを明確かつ機能的に分離する、ラップアラウンド・バンド(水平方向に設置された帯状のセクション)である。ギルと呼ばれる縦方向の窪みを備えたこのバンドには、従来の独立したタイプのエアベントやスピーカーを設置する代わりに、オーディオ、ベンチレーション、アンビエントライトといった機能が目立たたないように一体化され、このコックピットの大きな技術的特徴となっている。この水平方向の幅広いセクションに、主要なスイッチ類、ディスプレイなどを集約することにより、走行中のドライバーの操作性が向上している。



アストンマーティン プロジェクト 003 アストンマーティン プロジェクト 003

インテリアの素材は、伝統的にウッド、レザー、ガラスなどが使われているが、プロジェクト 003 では、アストンマーティンが“スペースクラフト”(宇宙時代のテクノロジーと伝統工芸の融合)と呼んでいる先進的なデザインや製造技術を反映したものとなっている。これによって、ウッドやレザーなどを使用しなくても、軽量な構造、先進的なデザインと製造技術(最先端の 3D プリントを含む)を適用することで、高い価値を備えたインテリアが実現している。車両のあらゆる領域で軽量化を達成するために、価値観の転換が必要になったともいえるかもしれない。たとえば、3D プリンターによって製造されたセンターコンソールは、機能スイッチを内蔵しながらも、重量を 50%も削減することに成功している。さらに、CAD モデリングのおかげで、通常は作成が“不可能な”場所に、非常に精細かつ複雑な造形を配置することが可能になっている。これは、軽量化、卓越した視覚的および触覚的品質に対する、飽くなきこだわりを追及することによって生み出されたものである。

プロジェクト 003 の技術的な詳細は、開発プログラムが進むにつれて明らかになる予定だ。しかし、既に判明していることは、このクルマには、完全に新開発されたアストンマーティン製ターボチャージャーV6 ハイブリッド・エンジンが搭載されるということである。これによってアストンマーティンは、エンジンを自社製造するメーカーへと復活を遂げる。とても喜ばしいことではないだろうか。このエキサイティングな新しいパワーユニットには、画期的な Nexcel(ネクセル)シーリング・オイル・システムが装着されている。このオイルカートリッジは、わずか90 秒以内に交換することが可能で、交換されたオイルはその後精製されて再利用される。このシステムは、サーキット専用モデルのアストンマーティン ヴァルカンに初めて搭載され、その性能と耐久性を証明するため、数多くのニュルブルクリンク 24時間キャンペーンが実施された。

アストンマーティン AM-RB 003 は、Nexcel システムを搭載した、公道走行可能な世界初のクルマとなる。プロジェクト 003 は、ヴァルキリー 直系のモデルとして、軽量なカーボンファイバー構造を基盤に製作され、最高のエアロダイナミクス効果を実現するために、カーボンファイバー製のボディを纏う。アクティブ・エアロダイナミクスとモーフィング・エアロサーフェイスを特徴とするプロジェクト 003 は、公道走行可能な車両パッケージとしては、驚異的なレベルのダウンフォースを発生する。

プロジェクト 003 には、ヴァルキリー と共通のコンセプトを備えたアクティブ・サスペンションと電子制御システムも移植された。これによって、これまでよりも一段高いレベルの精密なシャシー、公道およびサーキットにおいてクラス最高のダイナミクスを実現するドライバー・コントロールが実現している。

6AM-RB 003 のダイナミック・パフォーマンスを最適化する作業は、アストンマーティン・チーフエンジニアのマット・ベッカーと、アストンマーティン・エキスパート・ハイパフォーマンス・テスト・ドライバーのクリス・グッドウィンが担当した。現在、ベッカーとグッドウィンは、その比類なきドライブ・センスと豊富な専門知識を活用して、アストンマーティン ヴァルキリー の集中的な開発作業を実施している(走行可能な試作車が完成する前の段階では、RBAT と呼ばれる世界有数のシミュレーターを使用していた)。ここで得られたノウハウは、AM-RB 003 プロジェクトにも適用されることになる。

その一方で、アドバンスド・オペレーションズ部門のチーフエンジニアであるフレーザー・ダンは、プロジェクト 003 独自のキャラクターとダイナミックなスタイルを実現するための貴重な情報を提供している。

アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループ CEO のアンディ・パーマーは、次のように述べている。「アストンマーティンが、エイドリアン・ニューウェイとパートナーを組んでアストンマーティン ヴァルキリー およびアストンマーティン ヴァルキリー AMR Pro を製作するための素晴らしい旅に乗り出したとき、私は、それが長期的なコラボレーションに発展することを望んでいました。これらのプロジェクトは現在、最初の走行可能なプロトタイプのテスト走行が開始され、信じられない程エキサイティングな段階へと突入しています。この特別なパートナーシップが、プロジェクト 003 でも継続されることになり、大変嬉しく思っています。このハイパーカーは、アストンマーティンヴァルキリー の DNA を受け継いでいるだけでなく、アストンマーティン初の量産ミッドエンジン・スーパーカーにも影響を与えることになるでしょう」



注目記事








トラックバックURL: https://topgear.tokyo/news/18653/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*







subscribe RSS