グッドウッドでジャガー Mk1のホイールが外れたけど、大事故には至らず

グッドウッドでクラシックなジャガー Mk1のホイールが脱落して観客席に飛び込んだが、幸いなことに大きな怪我人は出なかった。


木曜日、のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでジャガー Mk1のホイールが落下し、観客席に飛び込んだが、幸い大きな怪我はなかった。良かった、ほっとした…。

グラント ウィリアムズがドライブするこのレースは、有名なヒルクライムでこれまで何度も見てきたように、バーンアウトとドリフトでオープニングコーナーを通過することから始まった。

しかし、グッドウッドハウスに差し掛かったところで、左のリヤホイールがどういうわけか車から外れてしまい、猛スピードで車を通り過ぎてから干し草のバリアに跳ね返り、観客の集団にぶつかってしまったのである。

2人の観客がこのホイールにぶつかってしまったが、幸いなことに、事件から1時間後、グッドウッドは 「重傷者はなく、関係者はイベントを楽しむことができた」と確認した。

実は、この日最初のアクシデントでもなかったのだ:ジャガー Mk1の前に、ヒュンダイRN22eのワンオフコンセプトがモレコムコーナーで直進し、干し草の俵を見事に破壊している。ドライバーも同乗者も無傷で済んだのは幸いだった。

迫力ある走りを間近で見られるのがグッドウッドの魅力だけれど、安全管理は厳重に行ってもらいたい。

=海外の反応=
「大事にならなくてよかった…。ライブストリームで見たが、かなりひどい状態だったから、ほっとしたよ」
↑「確かに…でも、「左後輪がどういうわけか車から外れた」--このような事故に「どういうわけか」はない。
誰かが責任を負っていることを願う。グッドウッドのイベントのように、適切に管理された観客環境では、ホイールが飛び出すなんて最も危険で制御不能なものだからだ。今回のグッドウッドは幸運だった」
「ステアリングを握った男は、腕をスリングに入れた状態でインタビューに答えた。大したことはないと言っている。もしこれがアメリカだったら、「10億ドルで訴えてやる」みたいな感じだろうね」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/07/61544/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ