BYDの新型スーパーカー、Yangwan U9は跳べるぴょん

飛び跳ねるって感じではないんだけど…

中国の自動車メーカー、BYDのYangwang(仰望) U9という名前のスーパーカーが発表された。これは、親会社であるBYD(最近イギリスで乗ったAtto 3クロスオーバー)が近々中国で発売する予定のオールエレクトリックカーだ。

しかし、それ以上のことは今のところわかっていない。ただ、静止したまま空中に飛び跳ねるバニーホップができることだけは確かなのだ。

嘘じゃないかって?いや、その通りなのだ。ただし、「飛び跳ねる」っていう言葉の感覚とはちょっと違うんだけど。U9はジャンプの前に跳ね上がり、4つの車輪を同時に地面から離す。信じられない?では、下のツイートにあるビデオを見てほしい。ジャンプは、ローライダー風の奇妙な油圧アクションの後、最後の方で行われる。ジャンプのところには、中国語で高速摄像机回放という注釈があり、これを訳すと、高速カメラ再生という意味だ。

興味深いことに、BYDはなぜU9がキュウリに驚いた猫のように空中に飛び出す必要があるのか、その理由を説明していない(このビデオを見たことがない人は、すぐに検索エンジンにアクセスしよう)。しかし、深センの本社で行われた派手なイベントは、新しい「ボディコントロールシステム」DiSus-Xを披露するためだったと聞いている。

「BYD DiSusシステムは、中国の自動車会社が初めて自社開発したインテリジェント・ボディ・コントロール・システムであり、ゼロからイチへのブレークスルーを示すものです」とBYDの会長兼社長の王伝福は述べている。「BYDのDiSusシステムは、BYDの業界における世界的な先駆者としての地位をさらに確実なものにするものです」

まだ、それほど詳細な情報はないんだね。しかし、DiSusシステムには3つのブランチがあることが分かっている。DiSus-Cは「Intelligent Damping Body Control System」、DiSus-Aは「Intelligent Air Body Control System」、DiSus-Pは「Intelligent Hydraulic Body Control System」だ。なるほど。

U9のDiSus-Xシステムはハロープロダクトのようなもので、電気自動車のスーパーカーから1つの車輪が外れてしまった状態で走行することも可能だと聞いている。これは、異常な状況においても車両の運転安全性を確保するための技術的な特徴であり、U9のDiSus-Xシステムが優れた車体制御を提供することを示している。ラッキー!私たちはいつもそういうことをやっているからね…。

とにかく、YangwangとBYDは、DiSusシステムは「世界的に見ても、業界で最も進んだ車体制御システム」だと言っている。U9に乗るまでは、彼らの言葉を信じるしかないだろう。





=海外の反応=
「90年代にボッシュが似たようなシステムを開発してたよ。もし同じようなシステムなら、この車のボディ制御はすごいことになってるし、生産に軽くて安価なものになってるかもね。ボッシュのアダプティブサスペンションの動画を検索してみて!」
↑「そうだね、あれはボーズとの共同開発だったよね。ただ、高いし重かったから残念だけど、ある程度はセミ トラックのシートにも使われてるよ。トラックのシートには独自のエアサスペンションがあるから便利さもあるけど」
↑「そうだね、君が言ったことは正しい。それでも将来的にはロールス・ロイスなどでこんなシステムを見てみたいな。すごいシステムで、効果的にボディを水平に保ってくれるし、ボディロールもほとんどなくなるから、テスト車(レクサスLS)のハンドリングが素晴らしかったよ」
「あのゆらゆらする感じは、数年前に借りたボクスホール モッカの乗り心地を思い出させるなあ」
「160km/hで予期せぬスピードバンプに遭遇した時には、飛び跳ねることが役立つね」
「ローライダーみたいでかっこ悪く見える」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/04/58470/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 059

アーカイブ