セイコー プロスペックスから1000m飽和潜水用ダイバーズ誕生35周年を記念した限定モデル

セイコー プロスペックスから、1986年に誕生したセイコー初の1000m飽和潜水用ダイバーズ誕生35周年を記念し、プロフェッショナルツールとしての完成度をさらに高めた限定モデルを7月9日(金)より発売される。価格は297,000円で、全世界で1,200本の数量限定だ。

セイコーのダイバーズウオッチは、1965年に国産初のダイバーズウオッチとして誕生以来、独自のテクノロジーを搭載した商品を次々と世に送り出し、世界中のプロフェッショナルダイバーや冒険家から高い評価と信頼を獲得してきた。1986年に発表されたセイコー初の1000mの飽和潜水用クオーツダイバーズは、世界で初めてセラミックスを外胴プロテクターの素材に採用し、軽量、高耐食のチタン製ケースと裏ぶたのないワンピース構造の組み合わせによって、高い信頼性を誇っていた。
このモデルの誕生35周年を記念し、プロフェッショナルツールとしての完成度を更に高め、深海という未知の世界に挑み続けるダイバーに最適な数量限定モデルが登場したのだ。

見た目にも特徴的なセイコー独自の外胴プロテクター構造は、高い気密性を誇る、裏ぶたのないワンピース構造のチタン製ケースに、ジルコニアセラミックスの外胴プロテクターを組み合わせたものです。1000m飽和潜水用の防水性能や、大きな衝撃にも耐えうる高い耐久性を兼ね備えています。ムーブメントには、ダイバーズウオッチ専用の高トルク(出力)クオーツムーブメント「7C46」を搭載し、深海の環境においても、太い時分針で確実に時刻を読み取ることができる。黒と白を基調とした視認性の高いダイヤルには、12時位置から6時位置にかけてブルーからブラックへのグラデーションが施され、暗く神秘的な海の世界に潜り、徐々に光が消えていく様子を表現している。

1986年のモデルから受け継いだ、プロダイバーの使用にも応える高スペックに加えて、今回のモデルには、機能性を向上させる工夫が施されている。りゅうずの閉め忘れは、潜水中に防水性が保たれず、正確な時間が把握できなくなってしまうため、ダイバーにとっては一大事となることがある。そのため、ロック状態を視覚的に認識できるように、根元部分にエマージェンシーカラーであるイエローを配し、上面部にもねじロックの操作表記を行った。また、外胴プロテクターの固定ネジ、着脱に関わる遊革や美錠などにもイエローを使用することで、潜水前の安全確認が感覚的かつストレスフリーに行えるようになり、プロフェッショナルツールとしての完成度がより一層高まっている。

<セイコー プロスペックス> 1986 クオーツダイバーズ 35周年記念限定モデル 特設ページ:
https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/prospex/special/1986quartzdivers-35th-anniversary-limited/

アーカイブ

subscribe RSS