リシャール・ミルファミリーに障害飛越競技のカルロス・ハンク・ゲレイロが加わる

障害飛越競技で活躍する、カルロス・ハンク・ゲレイロが、リシャール・ミル ファミリーに加わった。

彼は、乗馬への情熱がどのように始まったかを正確に覚えている。幼い頃、両親がメキシコで開催するアマチュアの障害飛越競技会に同行していた。カルロスはすぐに観客から騎手になり、家族の楽しみが少しずつ自分の情熱に変わっていった。「このスポーツにすべてを捧げたいと思ったのは、カンヌで開催されたグローバルチャンピオンズツアーで初めて国際大会で優勝したときでした。当時、私はまだ13歳でしたが、このスポーツで大きな成果を上げるチャンスがあることを実感しました」と現在20歳のカルロスは当時を振り返っている。

メキシコシティで育ったカルロスは、10歳のときにカリフォルニアに移り、スキルを磨き続けた。2016年には、北米ヤングライダー選手権で金メダルを獲得し、その2年後にはパームビーチで開催された25歳以下のグランプリで優勝した。2019年、カルロスはブリュッセルのマスターズ5スターグランプリとカルガリーのクイーンエリザベス2世5スターグランプリの両方でトップ10入りを果たす。この若いアスリートは、数年前にカンヌで予想していたように、すでにこのスポーツで大きな成果を上げていた。18歳になる頃には同年代の世界ランキングで1位になり、25歳以下の世界ランキングでは13位にまで到達した。現在、カルロスはベルギーとフロリダを行き来しながら、2大陸で開催される障害飛越競技の最も権威ある大会に出場しており、5スターグランプリで1位になることがカルロスの目標のひとつになっている。

「幸運なことに、私は母国メキシコを代表して世界的に活躍することができ、メキシコチームの一員としてヨーロッパやアメリカの5大大会に参加してきました。個人競技ではなく、チームとしてまとまり、国を代表して最高のレベルで戦うことは、私にとって最高の気分です」とカルロスは語る。

彼のトレーニング方法は、1日6頭の馬に1時間ずつ、週7日騎乗することが一般的で、定期的な筋力トレーニングと精神的なトレーニングも非常に重要になる。そのような厳しい練習をはじめ、すべての活動において彼は、カーボンTPT®のRM 35-01 ラファエル・ナダルを身につけている。

「このモデルは私の幸運のお守りのようなものです。軽量なのでスポーツに最適なのです」

障害飛越競技への情熱を両親から受け継いだように、カルロスはリシャール・ミルの時計への憧れを家族から受け継いでいる。「リシャール・ミルの時計に対する情熱は、祖父から受け継いだものです。リシャール・ミルの時計は、見た目に美しいだけでなく、どんなスポーツや活動をしていても、常に身につけていられるのが一番の魅力です」と彼は語る。

https://www.richardmille.com/ja

アーカイブ

subscribe RSS