ジャガー・ランドローバーが英国に巨大なバッテリー工場を建設するかも?

タタが英国を希望

ジャガー・ランドローバーの親会社であるタタは、英国サマセット州ブリッジウォーターに大規模な電気自動車用バッテリー工場を設立する契約を締結する方向で準備を進めている。

英国の電気自動車生産を関税なしで維持するためのバッテリー供給が十分でないとの懸念を受けて、このような取り決めは、英国の自動車部門にとって待望の朗報となるであろう。

未確認の情報では、UK, plc.とタタの間で交わされる数億ポンドの契約は、最大9,000人の英国人雇用を創出するために、来週にも署名される予定である。

BBCによると、英国政府は、現金補助金、エネルギー補助金、スキルアップと研究資金のコンボで、正確な金額は確認されてないが、5億ポンド(862億円)を提供するとのことである。この数字がどうであれ、タタがスペインにある他の候補地ではなく、英国を選ぶ決断を後押ししたようだ。

政府は、関連する協定とは別に、タタがノースウェールズのポートタルボットにある鉄鋼事業をアップグレードし、脱炭素化するための手厚い支援策も提供している。

ヨーロッパでは、35のギガファクトリーが計画されている。財務大臣のジェレミー ハントがこれを進められれば、リチャージ・インダストリーズ社がブライスの工場で成果を出すことを条件にすればだが、英国で3番目となる。当然のことながら、この憶測に基づく報道に対して、誰もコメントする用意がないかも。

=海外の反応=
「おそらく実現しない」
「ひどい投資だ。デロリアン以来の最悪の失敗の可能性もある」

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/2023/05/59995/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ピックアップ

トップギア・ジャパン 061

アーカイブ