新車ニュース

ベントレー ミュルザンヌのフィナーレを飾る限定30台の6.75 エディション

2023年までに全モデルにハイブリッドを導入予定 ベントレーのラグジュアリーリムジン、旗艦モデルのミュルザンヌの生産終了が決定し、限定モデルを発売することになった。 この限定モデルは ミュルザンヌ 6.75 エディション続きを読む…

88台限定のアストンマーティン V12 Speedster リミテッド・エディション

2020年後半デビューの限定88台はDBR1とCC100 Speedster Conceptからインスピレーション アストンマーティンがニューモデルのV12 Speedsterを、88台限定で生産することを発表した。V1続きを読む…

新型ロンドンタクシー TXは、初の電動化モデル

レンジエクステンダー式ドライブトレインを採用したロンドンタクシー なぜかはよくわかっていないのだが、当サイトでダントツ人気があったのが、このロンドンタクシー関連の記事。ここに来る方は、ロンドンタクシーに日本でも乗りたいと続きを読む…

えっ、またダイハツが市販化含みを見せちゃうの?TAFT コンセプト

今度は軽クロスオーバーの「TAFT(タフト) コンセプト」がワールドプレミア 秋に行われた東京モーターショーで、その後市販化された超小型SUV、ロッキーをサプライズで展示した、ダイハツ。今度は、年明け1/10-12に開催続きを読む…

SUV市場の大トリを飾るアストンマーティン DBX

日本からの細部にわたるニーズも捉え、新開発のプラットフォームでラグジュアリーSUVの多用途性、利便性を実現 アストンマーティン初のSUV、DBXが我々の目の前に登場した。それまでテストシーンなどで写真を目にしていたが、実続きを読む…

ベントレーが新型フライングスパーでセダン市場を覚醒させる

SUV一辺倒の自動車業界に究極のセダンで挑むベントレー 「3代目となるフライングスパーが、セダンを魅力的に感じてもらえる一台になることを願っています」そう語るのは、ベントレーモーターズジャパンでマーケティング&PRを担当続きを読む…

パフォーマンスEVの真打ち登場、ポルシェ タイカン

EVをスマホ感覚で充電できるような社会 ポルシェ初のフル電動スポーツカーであるタイカンが日本で公開され、「期間限定タイカン予約プログラム」が開始されている。日本でのデリバリー開始は2020年9月以降を予定しており、価格は続きを読む…

アストンマーティン初の5人乗りSUV、DBXの全貌

アストンマーティンの新しい章がはじまった ついに、アストンマーティン初のSUV、DBXがヴェールを剥いだ。日本での価格は2299.5万円。現在、DBXは注文を受け付けており、最初の納車は2020年第2四半期に開始される予続きを読む…

アストンマーティンのSUV、DBXの価格は2299.5万円

子どもの意見も取り入れた、使いやすい内装 アストンマーティン初のSUVモデル、DBXは、11月20日に北京で世界初公開される。合わせて、日本での販売価格が決定し、22,995,000円となった。思っていたより安かったと思続きを読む…

小型SUVのロッキー&ライズは海外展開が楽しみ

DNGA第2弾は小型SUV 先日、トップギアのグローバル会議が行われたので参加してきたのだが、海外では、かなり日本の軽自動車(Kカー)や小型車が人気だということがわかった。「ちっちゃいクルマを作らせたら抜群に上手な日本メ続きを読む…
1 / 4012345...102030...最後 »







マウスコンピューター/G-Tune

subscribe RSS