新車ニュースDAIHATSU

DAIHATSUムーヴ刷新でカスタムに”ハイパー”グレード追加

ムーヴカスタム RS"Hyper"

新開発の軽量高剛性ボディで安全性が高まる

DAIHATSUの軽乗用車「ムーヴ」がフルモデルチェンジされた。

ムーヴ X ターボ"SA"

ムーヴ X ターボ"SA"

「ムーヴ」は1995年にダイハツ初の「スペース系軽自動車」として誕生したダイハツの基幹車種の一つ。
「次世代ベストスモール」を目指し開発した新型ムーヴは、軽の本質である低燃費・低価格をベースに、新開発の軽量高剛性ボディ骨格構造や足回りの改良などにより、基本性能を大幅に向上させた。さらに軽初採用となる数々の先進装備を搭載し、軽の本流を一層追求。また先日もお伝えした通り、上質感を極めた最上級グレードとなる“ハイパー”を新設定した。
軽量高剛性ボディ骨格構造は、高剛性化による基本性能向上のみならず、軽量化による低燃費や、低コスト化にも貢献する技術であり、今後の他車種への展開もにらみ開発を推進することで、ダイハツ車の総合力向上を図る。

トラックバックURL: https://topgear.tokyo/news/8395/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*







マウスコンピューター/G-Tune

subscribe RSS