トップギア・ジャパンASTON MARTIN, BENTLEY, CITROEN, LAND ROVER, MERCEDES-BENZ

無敵のディフェンダー「トップギア・ジャパン031号」

2GBでなんと月々980円(税抜)~!【UQ mobile】


トップギア・ジャパン030紙の雑誌/発売日:2019年11月30日

書泉グランデ(神保町) https://www.shosen.co.jp/grande/ と、

書泉ブックタワー(秋葉原) https://www.shosen.co.jp/tower/ でもお買い求めいただけます。

1)送料無料のダイレクト販売

※定期購読もあります。5冊以上まとめ定期購読は割引制度がありますので、問い合わせフォームからご連絡ください。PWつきのシークレットサイトをご案内させていただきます。

●年間定期購読(8冊) 10%OFF

●半年間定期購読(4冊) 5%OFF

https://topgear.thebase.in

※インターネット決済ができない方には、銀行振込もご利用いただけます。

問い合わせフォーム

FAX:03-4589-5320

にて、お問い合わせください。

2)Amazon

(紙)トップギア・ジャパン 031

(電子版)

Amazon Kindle + Kindle Unlimited

https://amzn.to/2m65ka6

※Kindle Unlimited会員の方は無料でお読みいただけます。

5日間の無料キャンペーンも随時行っていきますので、ツイッターをチェックしていただけると嬉しいです。

Kindle Unlimitedリンク ※バックナンバーも随時更新中

世界最強にタフな4✕4、無敵のディフェンダーが攻めてくる 031

「もう、忖度はコリゴリ」というアナタにおすすめしたい、トップギア・ジャパン031号。

復活を果たしたランドローバー ディフェンダー特集となっている。日本でも、初回導入分150台がわずか4日で完売したという人気ぶりだったが、最強伝説、ディフェンダーの久方ぶりの盛り上がりは、この先もまだ続きそうだ。そして、このインパクトのあるディフェンダー+月面着陸の表紙制作の裏側をお伝えするレポートもある。細かいところでは、表紙の右側にいるのは、宇宙飛行士になったスティグなので、もう一度よく見てみよう。スーパーカーの世界では、最高速度300mph超えが目標とされているのだが、これはkm/hに直すと480km/h。とてつもないスピードである。その壁を、ブガッティ シロン スーパースポーツ300+ プロトタイプが、乗り越えることに成功した。そして、海外でもファンが多いマツダ ロードスターだが、イタリアに専門のホテルがあるのをご存知だろうか。読んでみると、ロードスターファンならずとも、一度訪れてみたくなるホテルである。最後は、中国のEVベンチャー「ニオ」のお話だ。EVユーザーが抱える不満を一気に解消するシステムを運営しているのだが、トップギアのチームがいち早く中国に体験をしに行った。

ランドローバー ディフェンダー

ランドローバー ディフェンダーが復活した。日本では最初の限定車150台が4日で完売という人気ぶり。これから購入検討している人にも、ディフェンダーのすべてをお伝えしよう。

ディフェンダー、月面着陸

表紙を見て驚いてくれた人に、月への宇宙旅行のメイキング秘話をお伝えしよう。ホントは月じゃなくてメキシコにいって、新型ディフェンダーの撮影をしたんだけどね。

ブガッティ最高速チャレンジ

トップギアUKの編集長をエーラ レッシェンサーキットに送り込み、シロンで絶対的な限界にチャレンジした。彼の奮闘した汗と、やり遂げるという誓いに期待してほしい。

480km/hを超えた世界

ブガッティ シロン スーパー スポーツ300+ プロトタイプで、480km/hの壁をぶち破った。UK編集長が自分のドライビングなんて大したことない、と言っていたが、もちろん、そんなことはない。

ロードスターの楽園

イタリアに、ロードスターのファンのための素敵なホテルがある。ゲストは好きなロードスターを選んで乗ることができる。トップギアなら行かない理由がないだろう…。

中国車EVベンチャー ニオ

電気自動車に乗りたくとも、まだ航続距離に不安があるんじゃないかい?それなら、中国のEVメーカー「ニオ」が、キミの悪夢に、明確な答えをくれたから、ご安心を。

【トレンド レポート】

ポルシェ タイカン・アストンマーティンの限定19ペア

ポルシェの電気自動車、タイカンがついにデビュー。これは他のメーカーも戦々恐々だろう。アストンマーティンから世界19ペア限定車も。

アウディRS 6・ボクサーの愛車・セイコー

アウディRS6 アバントがパンプアップ。ボクサーのブリンブリンの愛車歴、セイコーと日本の経済成長のストーリー。

【ドライビング】

メルセデス・ベンツEQC vsジャガー IペイスEV対決

現在、注目を集めている3台のEV対決。アウディeトロン クワトロ、ジャガー Iペイス、そしてメルセデス・ベンツEQC。

シトロエン C3エアクロスSUV

メルセデス・ベンツEQC

ベントレー フライングスパー

トップギアTV25が、秋以降、モンドTVで放映されている。このシーズン25は、シビック タイプ RとLC500を日本で撮影した日本推し特集があるので、期待して待ちたい。

マウスコンピューター/G-Tune









注目記事

 







トラックバックURL: https://topgear.tokyo/news/19801/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*







マウスコンピューター/G-Tune

subscribe RSS