話題DAIHATSU

ダイハツ東モ2019のブースにはユニークな提案がいっぱい

IcoIco(イコイコ)

IcoIco(イコイコ)


4台のワールドプレミアに、カワイイお世話ロボット「ニポテ」も

10月24日から11月4日まで東京お台場エリアで開催される第46回東京モーターショー。すでに御存知の通り、ほとんどの輸入車の出展が見合わされているので、クルマとしては国産車がメインのショーになりそうだ。その中でもダイハツのブースでは「つどい ~みんなの暮らしをあたたかく~」をテーマに、人々や日本の各地域が車をきっかけに元気になっていく「あたたかな未来の暮らし」をブース全体で表現し、ユニークな4台のコンセプトカーが展示される。

IcoIco(イコイコ)、TsumuTsumu(ツムツム)、WaiWai(ワイワイ)、WakuWaku(ワクワク)とネーミングされたコンセプトカーは、どれもワールドプレミアだ。

まずIcoIco。こちらは自動運転により、ファーストワンマイルラストワンマイルでの活躍を目指したパブリックトランスポーターで、パワートレーンはEV。車椅子や大きな荷物を持った旅行者などみんなの乗り降りを考えた格納式のスロープを搭載しており、付属のお世話のロボット「ニポテ」に話しかけることで、移動に関わる生活をアシストしてくれる。

お世話ロボット「ニポテ」

お世話ロボット「ニポテ」

IcoIco(イコイコ)IcoIco(イコイコ)

次がTsumuTsumu。こちらはコンパクトながらビッグキャビンと使い勝手の良い大きな荷台を両立させた次世代軽トラックのコンセプトカーとして、これからの日本の暮らしを支えるモビリティをイメージしている。荷台の長さを従来同等としながら、中折れドアが特徴のキャビン内を広く使える新しいレイアウト案で、新発想のドアの開口により抜群の乗降性を実現している。従来の軽トラックの使い方にとどまらず、農業用ドローン基地や個室空間など軽トラックの使い方の幅が一層広がる、換装可能な荷台を設定している。狭いところでも楽々走行が可能だ。

TsumuTsumu(ツムツム)

TsumuTsumu(ツムツム)

TsumuTsumu(ツムツム)TsumuTsumu(ツムツム)TsumuTsumu(ツムツム)TsumuTsumu(ツムツム)

そしてWaiWaiは、心地よい広さのジャストサイズミニバンで、パワートレインはハイブリッド。3列6人乗りの小型ミニバンで、室内は開放感のあるサンルーフ仕様となり、従来のミニバンとは一線を画すモダンフレンドリーなデザインとなっている。

WaiWai(ワイワイ)

WaiWai(ワイワイ)

WaiWai(ワイワイ)WaiWai(ワイワイ)WaiWai(ワイワイ)

最後はWakuWakuで、こちらは軽SUVのコンセプトカーとして、クルマ本来の楽しさを大切にした、ダイハツらしい、スモールからの提案となっている。こちらは遊びでも使い倒せる荷室空間とルーフだゲージを装備し、頼れそうな骨太な印象の内外装デザインになっている。室内のドアの内側にはライトがついており室内が照らせるようになっているのは名案。

WakuWaku(ワクワク)

WakuWaku(ワクワク)

WakuWaku(ワクワク)WakuWaku(ワクワク)WakuWaku(ワクワク)

ダイハツ側では、こういったコンセプトカーの市販化については「東京モーターショーでのお客様の反応を見ながら検討していきたい」と述べていた。

この4台のコンセプトカー以外は市販車両がそのまま展示される予定なので、コンセプトカーに取り入れられた実車からの工夫について発見するのも楽しそうだ。また、ダイハツの車を購入検討している人たちにとっても充実したブースとなるだろう。



トラックバックURL: https://topgear.tokyo/news/19520/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*







マウスコンピューター/G-Tune

subscribe RSS