TOYOTA - 4ページ目

ダイヤモンドのように美しい5dr、TOYOTA C-HR Concept、市販モデルは16年3月に発表

市販モデルは2016年3月発表 トヨタが、9月15日からはじまるドイツ・フランクフルト・モーターショーでお披露目するTOYOTA C-HR Conceptを発表した。TOYOTAが提案する新世代のコンパクトクロスオーバー続きを読む…

TOYOTA4代目新型プリウスをラスベガスで発表

俊敏性を感じさせるシャープな印象 現地時間9月8日、米国ネバダ州のラスベガスで新型プリウスが発表された。日本では2015年年末から販売開始予定である。 第一感としてはシエンタと同様のシャープな印象で、”速そう続きを読む…

トヨタが5000万ドルを投じてMITとスタンフォード大と人工知能研究で連携

トヨタが5000万ドルという巨額の研究開発費を投じる。組んだのは、米国のマサチューセッツ工科大学のコンピュータ科学・人工知能研究所(Computer Science and Artificial Intelligence続きを読む…

トヨタが研究費上限1000万円で先端技術共同研究を公募

トヨタは、先端科学技術研究を行う大学・研究機関の研究者から、トヨタが考える技術ニーズに基づいた研究テーマを広く募り、共同研究に結びつけることを狙いに、毎年、「トヨタ先端技術共同研究公募」のテーマを募集しており、第15回目続きを読む…

“100年後に生き残る企業”に自動車メーカーが上位ランクイン

いまある企業の中で、100年後も残っていると思うのはどこかと問われたら、どこを思い浮かべるだろうか? リスクモンスター株式会社 <3768> が第2回「100年後も生き残ると思う日本企業」の調査結果を発表した。対象となっ続きを読む…

TOYOTAのHV累計800万台に見るユーザー意識の変化

1997年と2015年のHV車の存在感 我々は新車を購入する際に、ハイブリッド車かどうかを意識することは普通のことになっている。それくらい、ハイブリッド車の存在が我々の生活に浸透しているというデータがトヨタから出された。続きを読む…

TOYOTAランドクルーザーが歩行者検知システムを全車標準装備

TOYOTAの最上級SUV、ランドクルーザーがデザインを一新するとともに、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」をトヨタで初採用する。ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、歩行者も検知するプリク続きを読む…

トヨタと日野、東京都でも燃料電池バス(FUEL CELL BUS)実証実験

今年の1月に愛知県豊田市で実証実験を行い、その後公道走行をしているトヨタと日野の燃料電池バス。これが7月24日から30日にかけて、東京都で実証実験を実施することになった。 トヨタと日野が共同で開発したFCバスは、日野のハ続きを読む…

えっ?またデカいスポイラー流行っちゃうの?黄色い86期間限定注文

「うわ、懐かしー、デカいリヤスポイラー、流行った、流行った、CELICA GT-fourとかさ…」と思ってしまったアナタはドリフト世代のはず。 とっくにオワコン化していたかと思われていたデカいスポイラーだが、なんと、20続きを読む…

トレッキングシューズのようなTOYOTAシエンタが燃費27.2km/Lで狙うユーザーターゲットとは

トレッキングシューズのようにフットワークが軽くなるシエンタ 「えっ?これがシエンタ?」と、驚いた人も多いだろう。以前のキャッチフレーズ「パパ・ママ・シエンタ」なんていう若手子育て世代向けのイメージからはほど遠く、まさにイ続きを読む…
subscribe RSS