話題ASTON MARTIN

007スタイルで過ごすアストンマーティンのクリスマスパーティー

アストンマーティン ヴァンテージ

アストンマーティン ヴァンテージ





アストンマーティン東京一周年のクリスマスパーティー

オープンから一周年が経った青山一丁目にあるアストンマーティン東京で、少し早めのクローズドなクリスマスパーティーが行われた。キラキラと輝くツリーが置かれた会場では、007のごとく、ルーレットやカードゲームなどのカジノスタイルで楽しむことができる、大人のパーティとなった。

アストンマーティン・ジャパンの寺嶋正一氏は「 アストンマーティン東京ができてから1年が経ち、アストンマーティンのブランドを盛り上げて来てくれました。もちろん、お客様にも感謝したいと思います。来年の末ぐらいには、アストンマーティンの初めての SUV、DBXも登場しますので、より一層ファンの皆様の期待に応えて行こうと思っています」と挨拶し、乾杯となった。

会場には510psのヴァンテージと 715psのDBS スーパーレッジェーラが配置され、注目を集めていた。 ヴァンテージは2,000万円以上、DBSは3,400万円以上もしてしまうが、そういった金額をものともしない人たちの目には、かなり魅力的にうつっているように見えた。

なおこの新型ヴァンテージが12月7日と8日の二日間、大丸芦屋店でお披露目される。 兵庫県でバンテージの実写を見られるのは初めてということでこちらにもたくさんのファンが集まりそうだ。

http://urx2.nu/O8Et











注目記事




トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/18455/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS