トップギア・ジャパンJAGUAR, LAMBORGHINI, TESLA

トップギアは電気羊の夢を見るか?トップギア・ジャパン020号





つまらないEVはいらない!トップギア流フューチャービジョン 020号

トップギア・ジャパンクルマの未来を考えたとき、電動化は今後、クルマにとって避けて通れない道だ。でも、EV=優等生で、つまらないクルマのイメージがないだろうか。だが、そこは、トップギアだ。エコだけじゃ面白くないというのは百も承知なのである。020号はトップギアらしいEVスポーツカーがザクザクの特集だ。

まずは、ジャガー Iペイス。実際はどのくらいの航続距離なのか、もっぱらの心配はそこにある。まずはじっくりと2日間、Iペイスと向き合う。それから、自転車やサーフボードを積んで、アウトドアで遊ぶことはできるのかを検証。たくさんの子どもたちにも、意見を聞いてみる。はたまたシボレーとドラッグレース対決。まもなく日本にも導入されるジャガー Iペイスをすみずみまで解剖した。

そして、何かとお騒がせなテスラ モデル3をNY周辺で乗り尽くす。最後は、Iペイスとモデル3の各ジャンルごとの対決だ。デザイン、スピード、インフォテイメント、ブランド、スペース、コストはどちらが優勢か。ちょうど、その2台のドラッグレース対決の動画があったので、一番下に貼っておく。

だがなんでもイーロン マスクは株価がダダ下がりもあって、不眠症になっているらしく、その点はとても心配だけれど…。

Lynk & Coをご存知だろうか。また欧米の小さな自動車会社かと思ってしまった人も多いだろう。中国の吉利汽車(ジーリー)から出た、コンパクトSUVだ。今後はHV、あるいは100%EVも計画中だという。こういった新興勢力が参入しやすいのも、ITと相性が良いEVの特性だ。

ほかに、EV初心者に向けて、Q&Aで不安を払拭するコーナーもある。

ランボルギーニ テルツォ ミッレニオは、ランボルギーニがMITとコラボして出した、未来の電気スーパーカー。車体そのものに充電するという画期的な仕組みだ。さすが、ランボルギーニ。発想力が半端ない。

先日、日本でもお披露目された、アウディEトロン ビジョン グランツーリスモ。グランツーリスモに登場するマシンが、実車になったという。ドライビングシミュレーターと現実の差がなくなっている、不思議な印象である。山内一典氏も登場。

どうだろう。EVは、つまらなくなんかない。広がりという点では、ガソリンより面白くなる。結論としては、未来の自動車は、もっとトップギアの世界に近づいていくように感じている。

ボリンジャーは今のSUVブームがちゃんちゃらおかしくなりそうな、ヘビーデューティーっぷりが男前。

インプレッションは、アストンマーティン ヴァンテージ、DS 7クロスバック、ダイハツ トコット、ロータス エキシージ 410など。

ガジェットでは、ピレリのタイヤ、時計コーナーでは、ノモス グラスヒュッテをご紹介。見逃せない企画が盛りだくさんでお届けする。

Fujisanによる月額払いの定期購読制度もよろしくお願いいたします。「トップギア 次号予約」で検索もできます。

<トップギア・ジャパン020 どこで買う?>

Amazon派のあなた→トップギア・ジャパン020

三栄書房の公式サイト、SAN-EI ONLINEから買いたい→http://www.sun-a.com

(020号)http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=10395

ポイント重視! 楽天ブックスで買いたい→

(020号)https://books.rakuten.co.jp/rb/15588575/

近所のセブンイレブンで受け取りたい→

(020号)https://7net.omni7.jp/detail/1209092581

紙はかさばるからイヤ。電子書籍じゃないと買わない→

(020電子版)http://www.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20180825

DVD、トップギア Ambitious But Rubbishはリチャード・ハモンドほか旧プレゼンターの本気バカ企画のまとめ。また、ジェームズ・メイの大衆車スペシャルの特集DVDも出ていて、どちらも好評販売中。

http://www.v-opt.co.jp








注目記事

 







トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/18242/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS