トップギア・ジャパンASTON MARTIN, BENTLEY, JAGUAR, LAND ROVER, MCLAREN, MERCEDES-BENZ, PORSCHE

日本と英国の親和性「頑固一徹 英国主義」トップギア・ジャパン018号

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』


頑固一徹 英国主義、フクシマの今をトップギアが訪ねる 018号

トップギア・ジャパン018,Top Gear Japan英国車と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。トップギア・ジャパン018号は、アストンマーティン、ベントレー、ジャガー・ランドローバー、マクラーレン、復活するTVRまで、イギリス車大特集号だ。アストンマーティンの野獣、ヴァンテージ、そしてAMGのエンジンの組立工場にトップギアが入ったほか、先日、日本でも増上寺でお披露目されたマクラーレン セナのインプレッションもある。そして、ランドローバー ディフェンダー  ワークス V8。ディフェンダーファンは日本にたくさんいるけれど、70周年記年に復活したこのディフェンダーは、日本に導入することができない。だからこそ、貴重なインプレッション記事だ。TVR グリフィスも。TVR、なんという懐かしい響きだろう。ゴードン・マレーが復活させたTVRはいかに?ジャガー Fペイス SVR。こちらは、ジャガー Fペイスの中でも最大パワーのSVRに肉薄。もはやSUVとは言えぬ存在。

ディフェンダー V8マクラーレン セナ

fukushima

トップギアが見たフクシマ。扉の「福島」の文字は、英語版で入っていたものと同じ

fukushima

今回、もっとも異色ともいえるのが、トップギアが見たフクシマだ。UKトップギアの記者が、日本のフクシマの現状をルポ。捨てられた自動車もたくさん転がっていた。彼の目に映る、日本の姿とは。東日本大震災から7年が経過した今、日本に住んでいる我々も、考え直さないといけない時期だろう。いつになく、無口になってしまった、トップギアの記者たちだったが、日本で借りたクルマは、アメリカン・マッスルスタイルの、ド派手なホンダ 無限 N-BOX スラッシュだった…。

ベントレーそれから、ベンテイガ ハイブリッドを発表したベントレー。今年はじめにCEOに就任した、エイドリアン ホールマーク氏に聞きながら、ラグジュアリー市場における、電動化計画に迫る。

来日した英国車メーカーの創業者、ディビッド ブラウン氏にインタビューを行った。氏は、「日本には親しみを感じる」という。もちろん、人によるのだが、確かに、日本人とイギリス人は、感覚的に似ているところも多いかもしれない。

インプレッションでは、アウディRS4 vsメルセデスAMG C63S、ミニ クーパー S、メルセデスAMG GLC43 4MATIC、ベントレー ベンテイガV8、ベントレー コンチネンタルGTが登場する。

コラムでは、クリス ハリスが「一番頭にくるのは、たまにしか運転しないSUVドライバーだ」と、息巻いていた。日本でも昨今、あおり運転が問題となっているが、どこの国でも、ドライバー同士のイライラ、いざこざはつきものかもしれない。

トップギアあれ?トップギア撮影中、何かのクルマが燃えているようだ。現場にいたのは、クリス・ハリスとF1解説でお馴染みのエディ ジョーダン。何もなくしては終われないのがトップギアだ。詳細は、本誌でどうぞ。

時計コーナーでは、リシャール・ミルのマクラーレン オートモーティブとのコラボ商品をご紹介。見逃せない企画が盛りだくさんでお届けする。

Fujisanによる月額払いの定期購読制度もよろしくお願いいたします。「トップギア 次号予約」で検索もできます。

<トップギア・ジャパン018 どこで買う?>

Amazon派のあなた→トップギア・ジャパン018

三栄書房の公式サイト、SAN-EI ONLINEから買いたい→http://www.sun-a.com

(018号)http://3a.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20180626

ポイント重視! 楽天ブックスで買いたい→

(018号)https://books.rakuten.co.jp/rb/15520187/

紙はかさばるからイヤ。電子書籍じゃないと買わない→

(018電子版)http://www.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20180626

DVD、トップギア Ambitious But Rubbishはリチャード・ハモンドほか旧プレゼンターの本気バカ企画のまとめ。また、ジェームズ・メイの大衆車スペシャルの特集DVDも出ていて、どちらも好評販売中。

http://www.v-opt.co.jp





注目記事

 







トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/18090/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS