新車ニュースTOYOTA

21年ぶりにFMCのトヨタ センチュリー、ガイジン受けしそうな和のテイスト満載

21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー

21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー





鳳凰エンブレムと和名ボディカラーが格調高い

日本を代表するVIPカー、トヨタのセンチュリー。このたび、21年ぶりにフルモデルチェンジが施された。センチュリーは1967年にトヨタグループの創始者である豊田佐吉の生誕100年を記念して初代が誕生したが、半世紀を経てもまだ三代目という、各代の息が非常に長いモデルだ。東京モーターショーで見た、という人もいるかと思うが、改めてご紹介しよう。ちなみに東京モーターショーのトヨタブースでは、後部座席のサイドウィンドウに白いレースのカーテンと、昭和感満載でターンテーブルに乗せられて回っていたセンチュリーだったが、どの車よりもインパクトがあった。

21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー

センチュリーといえば和名のボディカラーが特徴的だが、今回も健在だ。「神威(かむい):エターナルブラック」、「摩周(ましゅう):シリーンブルーマイカ」、「飛鳥(あすか):ブラッキッシュレッドマイカ」、「精華(せいか):レイディエントシルバーメタリック」と、格調高い。とくに新規開発色のエターナルブラック「神威(かむい)」は、漆黒感を高める黒染料入りのカラークリアなど7層もの塗装に、研ぎと磨きを加えて奥深い艶と輝きを追求している。日本の伝統工芸の漆塗りを参考に、流水の中で微細な凹凸を修正する「水研ぎ」を3回実施し、さらにその後、一点のくもりも残さないよう「鏡面仕上げ」を施しているという時間のかけようだ。

21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー

お馴染みの鳳凰のエンブレムは、工匠が金型を約1カ月半かけて丁寧に手で彫り込み、躍動する翼のうねりや繊細な羽毛の表情を鮮やかに描き出している。さらにエンブレムを彩る縦格子のフロントグリル奥に「七宝(しっぽう)文様」を配置し、前後二重構造にしているのだ。

エクステリアは、日本の美意識に通じる静的な均整感を保ちながら、後席を上座とする独自の思想を造形に表しているのは、さすがショーファードリブンだ。サイドビューは、あえて傾斜を立てた重厚なクォーターピラーにより後席の存在感を強調している。

サイドボディはドア断面の美しいカーブを追求するとともに、ショルダー部のキャラクターラインには「几帳面」と呼ばれる、平安時代の屏障具(へいしょうぐ)の柱にあしらわれた面処理の技法を採用。端正に並んで走る2本の線を角として研ぎ出し、わずかな隙に淀みなく通した面を1本の線として際立たせている。

21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー21年ぶりにフルモデルチェンジしたトヨタ センチュリー

65mm延長したホイールベースを後席スペースの拡大に充てることで、乗員の膝まわりや足元に十分なゆとりを提供。加えて、後席のスカッフプレートとフロアの段差を従来型より15mm縮小することにより、フロアマット装着時にはフラットとなり、さらに乗り降りしやすくなっている。

本杢(ほんもく)オーナメントで前後席の空間を区切りながら、居室の天井の中央部を上方へ一段高く凹ませる建築様式である、「折り上げ天井様式」を取り入れ、天井には「紗綾形(さやがた)崩し柄」の織物をあしらい、後席の格の高さを表現しましたこの柄は。卍(まんじ)を組み合わせた柄には、「不断長久(絶えることなく長く続く)」という意味があり、家の繁栄や長寿を願う文様とされている。

V型8気筒5.0Lハイブリッドシステムを新搭載し、ショーファーカーに求められるスムーズで余裕に満ちた走りと、高い環境性能を両立している。JC08モード走行燃費は13.6km/Lだ。

熟練の匠が時間と手間をかけ、防音材を隙間なく組み付けるなど、徹底的な防音対策を施し、さらに、エンジン起動時の音や振動にはアクティブノイズコントロールで対応し、圧倒的な静かさを実現している。

AVS機能付電子制御エアサスペンションを採用したほか、構造用接着剤によるボディ剛性の向上、乗心地に特化した新開発のタイヤ、サスペンションアームやブッシュ、マウントなどのゴム部品にいたる細部までチューニングを施し、ソフトで目線の動きが少ないフラットな乗り心地を実現している。

日本のVIPはもちろんのこと、海外の人々にも受けそうな和のテイストが満載のセンチュリー。価格は19,600,000円、月間販売台数は50台を予定している。












注目記事




トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/18051/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS