トップギア・ジャパンHONDA, LAND ROVER, MERCEDES-BENZ, MITSUBISHI, NISSAN, PORSCHE, RENAULT, SUBARU, SUZUKI, TESLA, TOYOTA

トップギアのアイスショー/フェラーリSUV大胆予測 トップギア・ジャパン016号

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』


クルマの真のポテンシャルは氷上/雪上で測れ 016号

トップギア・ジャパン016号スーパーカーから軽自動車まで、ありとあらゆる自動車を網羅するトップギア。だが、そのほとんどはドライ路面だ。つまり、もっとも環境の良い場面で行われる。トップギア・ジャパン016号では、真のクルマのポテンシャルを測るため、スピードが遅く、バンクが柔らかく、滑りやすい、雪上/氷上でのテストを行うことにした。舗装した道路では、タイヤを細断してしまうほどの速度でなければ、車のドライブトレインが何をしているのかほとんど知ることはできない。氷上であれば、感覚が拡大され、特性も誇張される。グリップが消えると、どのように車が動くか―スタビライザーのシステムがどのように機能しているか、どれほどバランスが取れているか、車輪と車軸の間のパワーがどれくらいうまくシャッフルされているか、ステアリングがどのような信号を伝えているか―の感覚をつかむことができる、というわけだ。クルマを買うときの参考になる特集企画である。

トップギア・ジャパン016号トップギア・ジャパン016号

登場車種はマクラーレン570Sスパイダー vsランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテvsホンダNSX、アストンマーティン ヴァンテージ、ジャガー I-ペイス、テスラP100D vs日産GT-R、レンジローバー スポーツSVR vs スズキ イグニス、テスラモデルS P100D、BMW M5 vsメルセデス-AMG E63S と豪華だ。

トップギア・ジャパン016号トップギア・ジャパン016号

そして、フェラーリがSUVをつくる、という噂が出ているが、本当なのだろうか。かつて、セルジオ・マルキオンネ会長が「SUVをフェラーリがやるというのなら、オレを撃ち殺してからにしてくれ」という名言を残していたのだが、事態は変わっている様子だ。トップギアによる独自取材で、SUV発表の時期をズバリ予想している。

トップギア・ジャパン016号トップギア・ジャパン016号

実用的なセダンだからこそ、もたつくのはイヤ。トップギア好きなアナタにおすすめしたいのが、ホンダの超速(ちょっパヤ)セダンだ。ホンダ シビック セダンを、馬力や最高速などのスペックではなく、体感値としての速さを松田秀士が解説する。トップギア風なビジュアルも必見だ。

トップギア・ジャパン016号

トップギア・ジャパン016号

Fujisanによる月額払いの定期購読制度もよろしくお願いいたします。「トップギア 次号予約」で検索もできます。

<トップギア・ジャパン016 どこで買う?>

Amazon派のあなた→トップギア・ジャパン016

三栄書房の公式サイト、SAN-EI ONLINEから買いたい→http://www.sun-a.com

(016号)http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=10189

ポイント重視! 楽天ブックスで買いたい→

(016号)https://books.rakuten.co.jp/rb/15442248/

紙はかさばるからイヤ。電子書籍じゃないと買わない→

(016電子版)http://www.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20180426

DVD、トップギア Ambitious But Rubbishはリチャード・ハモンドほか旧プレゼンターの本気バカ企画のまとめ。また、ジェームズ・メイの大衆車スペシャルの特集DVDも出ていて、どちらも好評販売中。

http://www.v-opt.co.jp





注目記事

 







トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/17810/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS