トップギア・ジャパンLAMBORGHINI, RENAULT

世界最速SUV ランボルギーニ ウルス、そしてBOSOZOKU【暴走族】「トップギア・ジャパン014号」





英国の編集者が来日しBOSOZOKU【暴走族】を取材 014号

SUVとスポーツカーは両立することができるのだろうか?…そもそも、両立する必要はあるのだろうか?…答えは、トップギア・ジャパン014号が明かしてくれる。今回は、ランボルギーニが出した初のSUV、ウルスを大特集。日本では先日発表があったばかりのウルスを、プロトタイプの段階からインプレッションを行っている。

ニュースではマクラーレン セナを大解剖するほか、新型ルノー アルピーヌA110で1973年のラリー・モンテカルロの足跡をたどる旅、アルファロメオ ステルヴィオQV、トップギアと三菱のピックアップトラックL200がコラボ、などさまざまな企画が目白押しだ。

マクラーレン セナを大解剖

マクラーレン セナを大解剖

1973年のモンテカルロ・ラリーを新型アルピーヌ A110で再現

1973年のモンテカルロ・ラリーを新型アルピーヌ A110で再現

日本でも待望の声が続出している、アルファロメオのSUV、ステルヴィオ QV

日本でも待望の声が続出している、アルファロメオのSUV、ステルヴィオ QV

トップギアと三菱のピックアップトラック L200がコラボし、車両を作った

トップギアと三菱のピックアップトラック L200がコラボし、車両を作った

そして、今回一押し企画は、BOSOZOKU【暴走族】。英国の編集者が、日本のBOSOZOKUに取材してみたい、と、3日間のガイドをしている。おそるおそる接してみた彼らに、日本のクルマ好きたちはどう対応したのだろうか。日本語ができないながらも、SNSを駆使してアタックする、彼らの行動力にリスペクトしたい。

英国の編集者が、日本のBOSOZOKU【暴走族】に肉薄

英国の編集者が、日本のBOSOZOKU【暴走族】に肉薄

Fujisanによる月額払いの定期購読制度もよろしくお願いいたします。「トップギア 次号予約」で検索もできます。

<トップギア・ジャパン014 どこで買う?>

Amazon派のあなた→トップギア・ジャパン014

三栄書房の公式サイト、SAN-EI ONLINEから買いたい→http://www.sun-a.com

(014号)http://www.sun-a.com/magazine/detail.php?pid=10075

ポイント重視! 楽天ブックスで買いたい→

(014号)https://books.rakuten.co.jp/rb/15351640/

近くのセブンーイレブンで受け取りたい

(013号)https://7net.omni7.jp/detail/1206594972

紙はかさばるからイヤ。電子書籍じゃないと買わない→

(014電子版)http://www.as-books.jp/books/info.php?no=TGJ20180226

DVD、トップギア Ambitious But Rubbishはリチャード・ハモンドほか旧プレゼンターの本気バカ企画のまとめ。また、ジェームズ・メイの大衆車スペシャルの特集DVDも出ていて、どちらも好評販売中。

http://www.v-opt.co.jp




注目記事

 







トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/17580/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS