話題HONDA

カイザー・チーフスのリッキーが新型シビックタイプRをGetして興奮

イギリスのロックバンドKaiser Chiefs(カイザー・チーフス)のフロントマン、リッキー・ウィルソン



「ターミネーター」の音楽が流れてくるほど興奮したリッキー

この秋、日本で販売が予定されているHondaシビック・タイプR。日本でも待ち望んでいるファンは多いはずだ。

aae3a777-3081-440d-b5f1-1378f87078dd

そんなファンのため、シビック・タイプRを製造している英国で、いち早くGETし、乗ってみた人の感想をお届けしよう。彼の名前はリッキー・ウィルソン。Kaiser Chiefs(カイザー・チーフス)というイギリスのロックバンドのフロントマンを務めている。

リッキーは、レース用に作ったシビック・タイプRをピックアップするために、イギリスの製造工場があるSwindonまでやってきた。

6月末に行われたグッドウッドフェスティバルで有名なヒルクライムアタックを見てから、シビック・タイプRを購入したリッキー。彼が手に入れたBrilliant Sporty Blueという名前の通り、鮮やかなブルーのシビック・タイプRは、シャシーとエンジンのレスポンスが鋭くなってドライビングスキルを上げてくれるRモード・ボタンがついている。

8a244bb1-793e-4c0d-8869-e0b14bb5cba7

初めて運転し、1周したあとこう叫んだ。「超スゲー!今まで新車を何台も買ってきたけど、こんなのは初めてだ。これこそ”男の子”って感じだね。ボクの他の2台の車は、”女の子”って感じ」

「車に乗ると、本能的にすべて備わっていることがわかるよ。まるで家にいるようにくつろげるし。…… それから、速く家に帰れるよ!」
「映画みたいなんだよね。頭でTerminatorのテーマが流れていたよ。
操作感覚のテクノロジーとスケールは、本当にスゴい」

夏からシビック・タイプRのアンバサダーとなったリッキーは、ホンダ・ユアサレーシング所属で、BTCCのスター・ドライバーのゴードン”フラッシュ”シェデンの指導のもと、Bライセンスを獲得できたので、グッドウッドヒルクライムだけでなく、スコットランドのKnockhillにも出場する予定だ。

シビック・タイプRは29,995ポンド(5,837,700円)からの価格だが、新型2.0リットルのVTEC TURBOエンジンが2,500rpm、最大トルクは6,500rpmで400Nm、最高出力は310PSだ。歴代ホンダType Rモデルの中で一番のスペックである。

UKホンダの常務であるフィリップ・クロスマンは、次のようにコメントした。
「リッキーが新しいシビック・タイプRを大いに楽しんでくれていることは間違いない。大当たりの予感がするよ。英国の人気ロックスターの1人と英国の最速の車がコラボできるのは本当にラッキーなことだよ。これからリッキーと活動できるのが楽しみだ」

【関連記事】
Honda新社長に八郷氏就任と秋販売のシビック タイプ Rに377億円の新規投資で注力
ホンダS660やマツダ新型ロードスターのMTに1日だけ乗りたい
VTEC TURBO積載のCivic Type R
【ドリキン・土屋圭市】①日産JUKE NISMO&スバルWRX STI tS TYPE RA峠攻め
「さすがにお腹いっぱい」感が拭えないHondaのシビック TYPE Rコンセプト出展



トラックバックURL: http://topgear.tokyo/news/12064/trackback

コメントを残す

名前およびメールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

subscribe RSS